新着記事

CC2019 ただいま準備中!

福居弘樹(セントラル・カンファレンス19実行委員長、テネシー在住)    主の御名を賛美します。 この度、CC2019についてJCFNブログに載せさせて頂く機会を頂きました。 実行委員長をさせて頂いております、テネシーのふくちゃんこと、福居弘樹と申します。 まず、CCに関して説明させて頂きます。 CCというのはCentral Conferenceの略です。毎年5月末のメモリアルデーに合わせてシカゴ郊外のジャドソン大学で行われています。Central=アメリカの中西部という地域的な意味合いを持っていますが、自分がいるのはテネシー、賛美リーダーはフロリダ、メインスピーカーの中尾善之介先生はカリフォルニアからと全米に広がりを見せている日本語修養会です(過去にはカナダ、日本からの参加者もいらっしゃいます)。 16回目を迎えたCC2018では100人を超える参加者が与えられ、お互いに励まし、ネットワーキングをすることが出来ました。自分のように毎週、生で日本語でメッセージを聞き、賛美し、祈ることが難しい兄弟姉妹にとって共に時間を共有できたことは本当に恵みでした。 参加者の特色としてはChild careが必要な7歳以下の子供たちが20人ほど与えられ、初期のCCに参加していた方たちが、現在では父親、母親として参加する流れになってきているようです。 CCは日本語で行われる修養会にもかかわらず、日本に重きを持っているアメリカ人の兄弟姉妹も多く参加しています(同時通訳が準備されるので、メッセージを共有できます)。日本に行ったことがないにも関わらず日本人への救いの示しが与えられ、主の御心に忠実に働かれている兄弟姉妹の姿には胸が熱くなりました。 以上がCCについてのザクッとした説明ですが、CC2019に向けて今神様がどのような働きをされているか実況中継しますね。(ここから突然文章がカジュアルになります。) 今回、CC2019の実行委員長を引き受けた際、一つのビジョンが与えられていました。 それは『神の家族』というビジョン。 ん?ありきたりな修養会のテーマですね。ですって?でも、この『神の家族』という言葉が心の底に染み渡り、それを実践出来ているでしょうか?(僕は出来てないです。ごめんなさい。) そこで、委員長特権を利用し、『みんなー、次回のCCのテーマは神の家族だから!共に祈って聖句とかかっこいいテーマ決めよー。』と集められた運営委員の皆さんに投げかけました。(本当に主によって集められた皆さんに、感謝してます。こんな委員長一人ではCCは間違いなく成立しません…。)   11月末の感謝祭ミーティングで顔合わせをして、あえてターキー無し(アメリカでは感謝祭=ターキーなのですが、皆さんそれぞれで既にターキーを作ったり食べたりしている為、あえて外しました。これによりトランプ大統領によって恩赦されたターキーに続き、もう1羽が恩赦されました。)の素晴らしい食事を共にしました。もちろん、CCのことについて話しましたよ。それによりテーマ聖句が与えられました。 エペソ2:18-22。 私たちは、このキリストによって、両者ともに一つの御霊において、父のみもとに近づくことができるのです。 こういうわけで、あなたがたは、もはや他国人でも寄留者でもなく、今は聖徒たちと同じ国民であり、神の家族なのです。 あなたがたは使徒と預言者という土台の上に建てられており、キリスト・イエスご自身がその礎石です。この方にあって、組み合わされた建物の全体が成長し、主にある聖なる宮となるのであり、 このキリストにあって、あなたがたもともに建てられ、御霊によって神の御住まいとなるのです。 そして、12月のスカイプミーティング(実際はWindows Messengerでしたが…)でテーマが決まりました。パチパチパチ(拍手)。 『Ecclesia ~神の家族~』。 さすが、神学生が実行委員に何人かいるとテーマがシュッとしますね。 次回のミーティングは1/26(土)にシカゴで行われます。餅つきをして、集まった皆さんにお餅が振る舞われます。最近はお餅を漬け物で食べるのがマイブームです(もはや米扱い)。引き続き毎月CC2019についてミーティングをしていきます。 最後に、これを読んでくださっている皆さんにお祈り頂きたいことがあります。 運営委員のみんなが奉仕するにあたり、体力的にも霊的にも護られるように。 メインスピーカーのサンタクララバレー日系キリスト教会、中尾善之介先生の働きに。 CC2019が主の栄光を現すものになりますように。その準備が整えられますように。 必要な働き手、参加者が与えられますように。 全てのことに感謝し、主に期待して祈りながら奉仕させて頂きます。 CC2019 『Ecclesia ~神の家族~』  エペソ2:18-22 5/25(土)~5/27(月)シカゴ郊外のJudson Universityにて。 レジストの連絡は追ってさせて頂きます。 皆さんにお会いできるのを楽しみにしています!

コメントなし

地域集会ご紹介〜名古屋・関西編〜

こんにちは! めぐみっくすです。 新年明けましておめでとうございます! 今年、皆さんは神さまにどこに遣わされるのでしょうか。 それぞれが置かれるところ、皆さんのいるところから始まる主の祝福に期待しています! JCFNブログも、ご愛読のほどよろしくお願いいたします。 さて、前回に引き続いて今回も地域集会をご紹介していきます。 今回は、名古屋と関西です! 以下のことについて、リーダーにお伺いしました。 ①地域集会名 ②いつ・どこで開催しているか ③活動内容 ④ビジョン ⑤その地域の名産等、アピールポイント ⑥その他、コメント、言い足りないことあればご自由にどうぞ! では、名古屋から。 インタビューに答えてくれたのは、インスパの山田風音(やまだ かずね)さん ①インスパイアリユニオン(通称インスパ) ②来年から不定期開催になります。主な集会場所はグレイスハウス上前津というシェアハウスです。 ③東海地域に帰国してくる方を個人的に励ます。不定期の食事会。その他ゲストを招いての集会。 ④祈りと支援のネットワークとして帰国者を待ち続け支え続けるコミュニティーとして再出発したいと願っています。 ⑤え? きしめん? 味噌煮込み? みそかつ? だめだ、食べ物しか出てこない。 ⑥今年から大きく運営を転換します、是非お祈りください。また気軽にご連絡ください! インスパの様子はこちら↓ 名古屋の食べ物、おいしそう!!!! イエスさまが名古屋に来たら、味噌煮込み一緒に食べたい。 続いてANRKです。 関西弁でインタビューに答えてくれたのは、大西邦嗣(おおにし くにつぐ)さん! ①All Nation Returnees in Kansai (aka ANRK) ②だいたいMustard Seed Osakaという最近急成長中のイケてるチャーチであってます!かっこいい。 ③ 主に礼拝してます。賛美歌ったり、祈ったり、SGの時間を多くとってます。とにかく帰国者が繋がれるように頑張ってます。テーマは基本的にヤングアダルトのみんながクリスチャンとして日本でどう影響を与えて言ったらいいかなどを中心に扱ってます。 ④今は大阪で集まってますができたら他の関西の地域にも広がっていけたらええな~。あと一ヶ月に一回とかで会えるSGが増えて欲しい。実は、女子会がある(不定期)。 ⑤ 大阪は、笑いと食い倒れの町。留学時に思ったけど、アメリカには関西出身の人が多い。でも、帰って来たらみんなどこ行ってんっていうぐらいおらん。東京行ってるんとちゃうかと思ってます(笑)。 関西に帰国帰省の際は、ぜひおこしやす。めざせ、人に優しい関西! ⑥ 神戸、京都、大阪でSGしたい人、連絡ください。 ANRKの様子はこちら↓ 子どもたちもいて、にぎやかな雰囲気です。 お近くの方、またお近くに帰る方はぜひいろいろな地域集会の情報をゲットしてくださいね! また、迎える側の皆さん!地域集会は、帰国者クリスチャンの希望! 皆さんから始まる地域集会があるかもしれません。 帰国者を迎える場を一緒に整えたい、共に成長する場をつくっていきたい、などなどお考えの方、どんなことでもお気軽にJCFNにご相談くださいね。 リーダーの皆さん、ご協力ありがとうございました! それぞれの地域の祝福をお祈りしています。

コメントなし

JCFNから新年のご挨拶

HAPPY NEW YEAR!! 主は私の羊飼い。私は乏しいことがありません。 主は私を緑の牧場に伏させいこいのみぎわに伴われます。 主は私のたましいを生き返らせ御名のゆえに私を義の道に導かれます。 たとえ死の陰の谷を歩むとしても私はわざわいを恐れません。あなたがともにおられますから。あなたのむちとあなたの杖それが私の慰めです。 私の敵をよそにあなたは私の前に食卓を整え頭に香油を注いでくださいます。私の杯はあふれています。 まことに私のいのちの日の限りいつくしみと恵みが私を追って来るでしょう。私はいつまでも主の家に住まいます。 詩篇23篇1~6節(新改訳2017) Equipper Conferenceがお休みのため、ゆったりと過ごしているJCFNの年末年始です。 (北米では、JCFNが始まるきっかけとなった、アーバナ宣教大会が行われていましたが・・・) 2018年、様々なかたちでJCFNと共に歩んでくださりありがとうございました。 2018年は主事候補として2人の方が立てられ、積まれてきた祈りに応えてくださる神様の誠実さを覚えたJCFNです。ぜひ、この新年、本格化するサポートレイズのために共にお祈りくださればと思います。 新年も、帰国者たちがどこに送られても神様の召しに応答していくことができるように、引き続き、帰国者に寄り添い、その整えに関わるJCFNとして用いられていけるように覚えてお祈り、働きにご参加ください。 それぞれの新年の祝福をお祈りしています。 JCFN

コメントなし
Scroll to top