JCFNBLOG

GRC21参加者の証「イエスの御名によって…御国を広げる祈り」

GRC21参加者の証

「イエスの御名によって…御国を広げる祈り」

堀田悦子

 ハレルヤ!主の御名を賛美致します!日本で一番人口の少ない鳥取県在住の堀田悦子と申します。主がGRC21を通してどのような業を為されたのか証できる機会が与えられたことを感謝し、主に栄光をお返ししたいと思います。

数年前、現在勤めている大学の国際交流センター英語圏担当者というポジションを活かした留学を通して学生に伝道をするビジョンが与えられ、実際に主がカナダの留学地でクリスチャンのホストファミリーを通して学生の心に触れてくださり、福音に興味をもって帰国したばかりの学生をどうサポートしていったらよいのか主に祈っていた時に初めてGRC18に参加しました。

GRC18参加前の私の心は大学職員という立場を考え、学生に伝道していく恐れがありました。しかし、GRC18を通して主は私の心を整えられ、悔い改めへと導かれ、留学を通した学生伝道を行っていく召命を受けました。その召命を受けてから、神の壮大なるご計画によってこの働きに賛同し、一致して祈り、協力してくれる海外の現地の神の家族や、コミュニティ、そして教育機関が北米、ヨーロッパ、オセアニア、アジア各国に与えられ、そして、イエスキリストの名前さえも知らなかった学生たちは、4週間の短期留学から1年間の長期留学まで、それぞれの留学中に主の愛を体験し、留学中に救われるものから、まだ救われていないけど、聖書に興味をもって帰国してくるものが与えられました。それらの学生たちをサポートするため、スモールグループを始めたり、教会に繋がれない学生たちと一緒に礼拝したりとミニストリーを始めました。

GRC18以後、主への毎日の祈りとして、次のGRC21には主によって始まったこの留学伝道の実りである救われた学生達と一緒に参加することでした。しかし私達のスモールグループに繋がった学生たちは日々バイト、ゼミ、課題などで忙しく、学びや礼拝にコミットできないのが一番の祈り課題でした。しかし、イザヤ書55章10節~11節にあるように、雨や雪が天から降ると、そのままで戻らず、必ず地を潤して、そこに命を宿らせ、これまで荒野だったところが緑となって、美しい花々が咲くように、神のことばも決してむなしく帰ってくることはなく、それを聞いた人々の心は、どんなに乾いている不毛の状態であったとしても、神のことばがその心に蒔かれて、緑豊かな心へと変えられると、神のことばにはそのような力があるという約束を見上げ、学生たちに語った福音は、御言葉は、むなしいものに終わらない、必ず、神の時によって、神への愛の豊かな心へと変えられる、それは主の望むことであり、神から出ることばは必ず成就するということを信じ続けて祈っていました。

スモールグループや礼拝に定期的に集えない学生たちにGRC21に参加することを励ますこともチャレンジでしたが、GRC18以後、積まれてきた祈りに主は応えてくださり、卒業したばかりの新社会人となったニュージーランドの帰国者とGRC18直後からサポートを始めたカナダ帰国者の学生と共にGRC21に参加することができました。

GRC21のテーマである「イエス様の御名によって・・・」そのイエス様の御名によって2人の心に主は豊かに語りかけてくださり、また新しい帰国者クリスチャンとの繋がりが与えられ、2人の信仰がこのGRC21を通して成長していることを見ることができました。そして、GRC21以後、なかなか集うことが難しかった状態から喜んで交わりや学びに臨んでいる姿を見ることができています。これは大きな喜びであり、一人一人の霊的成長をイエス様の御名によって祈ってきている証です。それはGRC18で召命を受け、3年後のGRC21で主の御業の実りの魂達と一緒に参加し、御霊の成長を見ることができること、まさにイエス様の御名によって御国を広げるという祈りの証でもあります!

帰国者クリスチャンが帰国してから信仰が孤立することがないように、神と神の家族と繋がり、キリストの似姿へと変えられ、整えられ、遣わされていく、そのサポートをしているJCFNの尊い働きがこれからも守られ、用いられていくことを心からお祈りしています。

信仰の五月病に見上げた空

今年我が家は、3人の娘がミドル、ハイスクール、カレッジを卒業します。その為、この一か月は、それぞれの学校からの連絡に一喜一憂しては「インパーソンの卒業式になる」「こっちは、プロムもあるらしい」などと、慌ただしい毎日です。

5月の終わり、サンタクララカウンティーは、感染予防段階がイエローへと下がりました。学校も教会も、ハイブリッドでの新たな課題を残しながらも、新しい年度への回復の希望が見えてきました。しかしその裏では、このパンデミックで、社会やコミュニティーからの孤立が日常化した為、信仰のバックスライドや、形骸化の問題が浮き彫りになってきたように思います。

私たちは、4月の終わりに2回目のワクチン接種が完了し、子どもたちも5月中に完了します。6月からは夏休みに入りますが、動き出した世の中は、これからどうなるのか?規制が解かれた後の教会は、どうなるのか?予想のつかない現実に、心の晴れない日は未だ続きます。

2回目のワクチン接種は、既に1回目で倦怠感や発熱を経験していたので、副反応は覚悟してスケジュールを組みました。

予想通り14時間が経過した頃、眠れないほどの悪寒が始まり、引いたかと思うと、今度は熱で眠れない。そんなコントロールできない体の反応を体感しましたが、最初から解熱剤を飲めば大丈夫だったようです。

これが感染予防の為ではなく、実際の感染や病と闘う薬の副作用であったなら、どんなに辛いだろう。比べ物にならない苦しみを経験している友人知人のために、祈らされる時となりました。

そして、ここに至るまでの期間、教会や自治体で、感染を防ぐ為の法律や対策がしっかりなされたことや、医療関係者の方々の尊い労に支えられたことも、感謝せずにはいられませんでした。

話は変わって、その1週間後、長女が大学を卒業しました。その日の天気予報は、式の数時間前から、気温5℃の雨。式に出席するには、2回目のワクチン完了2週間後か、72時間以内の陰性証明の厳重なチェックが行われました。1956年以降、初めてだと言われる屋外の卒業式。冷たい雨が降る中、1時間前から場所を確保し、レインブーツとヒートテックにレインコートで臨みました。

1週間前から、毎日天気予報をチェックし、現地についても10分おきに携帯で予報を調べる私。

介さん(夫)は、「何度あなたが見ても、天気は変わらないよ。人生には雨の日も、晴れの日もある。でもきっとこの雲の上は、綺麗な青空。それを、卒業生たちに教えてくれるなんて、神さま、やってくれたね〜」とブルブル震えながら笑っている。

結局、私が何度チェックしても、祈り願った通りの天気にはならず、前代未聞の雨傘の☔️卒業式となりました。

実はもう一つ、この晴れの日を迎えても、私たちの心には、大きな雨雲が立ちこめていました。半分の卒業生は、社会が動き出す6月にならないと、就職先が決まらないという現実。長女が願ったNPOの三次面接の結果は、とうとう卒業式を迎えても届きませんでした。

人の頑張りでは、どうすることもできない失望の壁。

心に湧いてくる感情の副反応を直視し、その失望や苛立ち、不安を傍に置くこと。

私たちの弱さのうちに働かれる神を見上げること。

順調な時にはできたとしても、今は立ち上がる気力も残っていない。それはまるで、頑張ってきた自分の意思に反する「信仰の五月病」のようなものなのかもしれない。

たとえ信仰を持っていても、期待とその結果としての失望を経験することがある。その傷みに心が大きく反応し、それを繰り返すうちに、信仰がバックスライドしていく。

私たちが、自分の過去や今起きていることの意味を、神さまに何度問うても、到底理解できない時。仕方がないとあきらめる理由を見つけては、信仰の敗北者になってしまったかのように、周りから距離を取り、段々と孤立していく。

高校生の時に救われて以来、家族や友人への伝道や奉仕に、熱く燃えていた私にも、20代の初め、自分でコントロールできない現実と失望の壁にぶつかって、神さまから離れた時期がありました。

そんな信仰の五月病の時こそ、雲の上の空を見上げ、

① 結果ではなく、主ご自身を待ち望む信仰

② 今、この時を共に歩んでくださるイエスさま

が与えられている事を、何度でも思い返したい。

私には幸い、どんなに遠く、お互いの近況を知らずとも、年に一度は「どう、元気にしてる?」と気にかけてくれるHi-ba時代からの友人がいる。これまで何度も遠くに暮らす彼女の存在や、送られてくるニュースレターに励まされ、神さまの元に戻っていくことができたか、きっと彼女は知らないと思う。

けれども、そうやって神さまは、救われた時からそのような人たちを備え、これまでの旅路で、寄り添ってくれた人たちのことを、時折り思い出させてくれるのだと思う。

アウトカム(結果)を手放すことは、そのプロセスを通して、ゆっくりと、イエスさまを思い、何度でも、何度でも、イエスさまご自身を受けとりなおすことなのかもしれません。

数年前にも、心が「失望」「不安」「怒り」でいっぱいになって、そんな自分にがっかりした事がありました。「早く手放さなきゃ」「委ねなきゃ」と、信仰による焦りに掻き立てられ、緩やかに、でも確実に心が圧迫されるようでした。その時、参加したC−WITで、観想的な祈りや、センタリングプレイヤーを教えていただきました。

EC20B Workshop: 観想的な祈り by 中村佐知

GRC21 Workshop: センタリングプレイヤー by 中村佐知

それからは、少しづつ、自分に起きていることのプロセスや、そこに介入される神さまの存在に、注意を向けるようになりました。

そして、突然やってくる感情の副反応も、信仰の五月病らしきものも、芋虫がさなぎを経て、蝶にBecomingされていくように、目的を持った回復へのプロセスだと考える。

これは決して修行のように、ただ耐え忍ぶ類のものではなく、プロセスを自分なりにエンジョイすることができることも知りました。

BEFORE

これまでは、目の前に回転寿司のように流れてくる「問題のお皿」を、「うわっ、来た!どうしよう」とわざわざ自分の懐にたぐり寄せては、そのお皿を食べなければならなかった自分。(美味しいお寿司なら嬉しいけれど)

AFTER

それからは「あぁ、来た。、、、これがそれね。」と「問題のお皿」を認識する。例えそれが特上の問題であっても、「イエスさま〜」とただ主にフォーカスして、その名を声に出してみる。そのうち、そのお皿は流れているので、私がたぐり寄せない限り、いつの間にか見えなくなってしまうのです。

これは、自分の責任を無視して、努力しないというのではない。むしろ主を信頼できず、備えられた時と結果を待てない私。なんとか結果をコントロールしようと、必死な自分に気づかせ、その不安や駆り立てられる思いから、自由にされる気がしました。

「たとえ自分の心が責めたとしても、安らかでいられます。神は私たちの心よりも大きな方であり、すべてをご存じだからです。”」(ヨハネの手紙 第一 3章20節)
聖書 新改訳2017©2017新日本聖書刊行会

当然ながら、またしばらくすると同じようなお皿が流れてくるのだけど、それが何百、何千と流れていく度、その問題を引き寄せない代わりに、自分がイエスさまの元へと引き寄せられていることに気づく。もはや、自分で問題を解決するよりも、そこに介入されるイエスさまとの対話を楽しみ、御手の業に期待するようになる。

私たちは、疲れたから休むのではなく、疲れる前に、休みが必要です。

最近の私の静まる時間は、心配事の雑念をはらう修行の時ではなく、ただ神さまの愛を受け取るだけに、そこに在る時間となり、時には眠ってしまうほどの、このうえない至福の時となりつつあります。

あの日、卒業式が終わりに近づき、卒業証書を受け取りにステージに上がる頃、吹きつける冷たい風が雨雲を吹き飛ばし、空には青空が広がっていきました。

それは、見たこともない御伽の国の風景のようで、何度写真を撮っても、その美しさと素晴らしさの感動を、収めることはできませんでした。

久しぶりに家に帰ってきた長女は、その後もテストや面接が続き、願っていたNPOに就職が決まりました。これも握りしめるべき結果ではなく、次のステップへのプロセスとして、神さまが見せてくださった青空だと話しています。

今もう一度、あの雨の上がった美しい青空を思い出しながら、神さまはこれからも、皆さんがまだ見たことのない信仰の青空を、それぞれに見せてくだることにワクワクしています。

新しく迎える6月も、皆さんの見上げた空に、美しい青空が見えますように。🌿

「神のなさることは、すべて時にかなって美しい。神はまた、人の心に永遠を与えられた。しかし人は、神が行うみわざの始まりから終わりまでを見極めることができない。」(伝道者の書 3章11節)

聖書 新改訳2017©2017新日本聖書刊行会

 サンタクララバレー日系キリスト教会 中尾真紀子

絶望から希望へ (EC20 Beyond参加者の証)

川口亮子(JCFN会員宮城県在住)

絶望の中にいました。本当に絶望でした。仕事が忙しく、寝て、起きて、仕事をして、また寝る…そんな日々の繰り返しでした。なんの希望もありませんでした。とにかく一日を終える事に必死でした。夜寝る前は、「このまま明日の朝がこなければいい」とさえ願っていました。今、この文章を書いていてもつらくて涙が出るくらい、希望も喜びもない毎日を送っていました______。

 

私は2000年からカリフォルニアに6年留学していました。それなりに勉強は大変でしたが、クリスチャンの友達もたくさんできて、恵まれた楽しい時間を過ごしていました。帰国後も多少の信仰の浮き沈みはあったものの、クリスチャンの職場で働いていましたし、帰国者クリスチャンの集いに参加していたこともあり、特に教会離れを起こすこともなく、教会でも仕事場でも充実した時間を過ごしていました。

 

私が変わり始めたのは結婚してからです(いや、主人が原因なのではありません、一応)。東日本大震災があり、クリスチャンである主人と長期支援の為に東北の地に住み始めました。被災地に住む人々に福音を伝えるべく、ヒーローにでもなった気分で意気揚々とやってきた私は速攻でコテンパンに打ちのめされました。まず、友達がいない。教会が静か過ぎる(もちろんそれ自体が悪いのではなく、今までの教会とずいぶん違った事に戸惑いました)。右を見ても左を見ても、ほぼご年配の方々。それでも「こんな環境も神様があえて与えて下さったんだ。」とポジティブに捉え、真面目に教会に通い続けていましたが、私の信仰はあっという間に弱くなりました。新しく始めた仕事も忙しくなってきて、だんだん恵みを受けるはずの教会に行っているのに疲れだけを覚えて帰ってきて、教会に行く事の意味が分からなくなりました。「キリスト教」という、そもそもそこからよく分からなくなり、以前のような元気な自分はもうどこかへ行ってしまいました。

 

ふと気が付けば、「被災地の人に伝道しなくちゃ!」という気持ちは完全にゼロになり、逆に被災地の人に土着の宗教を伝道されてました(笑)。しかしその人に打ち勝つ勇気と信仰もなく、ただ頷くだけの私がいました。「私はクリスチャンです」って言ったらどう思われるだろう…という恐れの方が先行していたのだと思います。さすがにこんな自分はヤバいと思い、思い切って他の教会を探す放浪の旅へ出かける事にしました(もちろん主人や子どもたちも一緒です)。家族で毎週のように違う教会へ行きました。でも、「教会が何とかしてくれる」という気持ちで教会へ行っているので、私の心を完全に満たす教会は一つもなく、毎週「何となくどこかの教会へ行く」…という状態が長く続きました(一応現在進行形です)。こんな上から目線の状態ではもちろんメッセージも心に入ってくるはずもなく、クリスチャンの友達ができる事もありませんでした。とにかく教会関係で使う時間は最短に抑え、早く家に帰って仕事をしたり、子どもたちの宿題の為に時間を使いたかったのです。

 

時は2020年12月。仕事が一年で一番忙しい時期に入り、いよいよ私の心は死んでいきました。もう限界でした。その日は教会から疲れて帰ってきた後、知らない間に昼寝をしていて起きたら夕方で寝室が真っ暗になってました。寝てるのか起きてるのか、もう生きてるか死んでるか分からないボンヤリした状態で、現実に戻るのが怖くて暗闇の中で携帯を見つめてました。すると、私の目に飛び込んできたECの案内。しかも今年はまさかのオンライン。カリフォルニアへ行って参加する事は主人や子どもたちを日本に置き去りにしては行けないし、そもそも費用もないし絶対無理だけど、オンラインなら参加できるかもしれない!「変わりたい」「変えて欲しい」「昔のように神様に心から賛美をしたい」と、藁をもすがる気持ちで暗闇の中で参加申込みを決意しました。

 

EC当日の朝。かなり後ろめたい気持ちでした。「めちゃくちゃ熱いクリスチャンがいたらどうしよ~」「完全にアウェイだったらどうしよ~」「昔の私を知ってる人に会ったらどうしよ~(今こんなみすぼらしい心と姿なので)」などど、どうでもいい考えを巡らせながら、恐る恐る参加しました。しかし、私の不安はあっという間に拭い去られ、最初の黒田先生のお話で即、号泣。神様が触れて下さったとしかもう説明がつかないですが、とにかく連日泣きっぱなしでした。そして何よりも、スモールグループでクリスチャンの友達と分かち合いができた事が、刺身包丁のように尖っていた私の心を柔らかくしてくれました。

 

今まで私は神様から離れて、いわゆるこの世的な一般人の生活を体験しました。一生懸命仕事をして、それなりのお給料をもらいました。しかし、子どもたちもいるしお金なんて使えば一瞬でなくなりました(当たり前)。今までこんなに仕事をしてきて、一体私は何を残す事ができただろう…と思った時に、私は何一つ残す事ができませんでした。本当に何も。神様を無視して一生懸命に働いた末に、唯一残ったものは疲労感と絶望感のみでした。神様の前に出た時に、「よく今まで働いてお金を貯めてきたね」と神様は私を褒めるのではなく「忠実なしもべよ。よくやった。」とほめてもらえる為には「信仰と希望と愛」を残す以外に道はないのだと、身をもって体験しました。

 

余談になりますが、以前クリスチャンの団体で働いていた時に、アフリカの孤児の男の子と話す機会がありました。彼は私にこんな事を言いました。「神様を知ってるなら、全てを持ってるのと同じだよ。でも、神様を知らないなら何も持ってないのと同じなんだよ。」と、当時10歳くらいの子に言われ、「んな大げさな~!」と心の中で笑い飛ばした事を思い出しました。しかし、今になって彼の言った事が真実であったと分かります。この言葉が私の心の中に今も迫ってきます。10歳の子に諭された私は、15年の時を経てようやくその真理に気付く事ができたのです。

 

ECに参加してみて、クリスチャンの友達と繋がり、励まし合う事がどれだけ大切な事かがよく分かりました。「こんなに信仰に篤い私だから、一人でも絶対大丈夫!」と思っていた過去の自分を蹴り飛ばしてやりたいです。これからもクリスチャンの友達と(無理やりにでも)繋がり続け、信仰を励まし合い、神様の愛にしがみ続けていきたいと思います。

 

今回私が証を書こうと思ったのは、とにかくECの実行委員の方々やECを作り上げて下さった一人ひとりの方々にお礼が伝えたかったからです。初めてのオンラインのECで様々な困難や試練があったかと思いますが、開催して下さった事を心から感謝しています。EC2020を通して神様と再会した者がここにおります!!!オンラインじゃなかったら絶対参加できませんでした!!本当にありがとうございました!

「こういうわけで、いつまでも残るものは信仰と希望と愛です。」(Iコリント13:13)

 

 

※EC2020から今に至るまで証を書くのになぜこんなに時間があいたかと言うと、単に仕事が忙しかった事もありますが、自分がイベントで心が高揚してその場だけ盛り上がっていたのかどうか、時間をおいて確かめたかったからです。しかし、今もなお神様への愛がメラメラと燃えたぎっていますので、きっと大丈夫だと思い、神様とみなさんに感謝を込めて書かせて頂きました。

 

Scroll to top