帰国者を理解するために(7) – 「またこの教会にこようと感じる時」その1

小冊子のダウンロードはこちらから

過去記事リンク

はじめに

1. 帰国者ってどんな人?

2. どう接すればいいの?ー「帰国者は宇宙人?」その1

3. どう接すればいいの?ー「帰国者は宇宙人?」その2

4. どう接すればいいの?ー「帰国者は宇宙人?」その3

5. どう接すればいいの?ー「帰国者は宇宙人?」その4

6. どう接すればいいの?ー「帰国者は宇宙人?」その5

 

「またこの教会に来よう」と感じるとき その1

帰国者が教会に続けて集い、教会員として成長し、キリストの体の欠くことのできな い一部として組み合わされ、互いに祝されていく。献身していく。牧師・宣教師・主の 働き人となっていく。このような器を主は起こしていて下さいます。素晴らしい主の御 業です。帰国者が日本に戻り、教会に行く。そこに「また行ってみよう」「続いて集いたい」 と感じるポイントは何なのでしょうか。「このようなことがあったので、行かなくなっ てしまった」というケースから考えてみたいと思います。

ケース 3: C さん(独身女性 イギリスの現地教会で救われ、受洗して帰国)の場合。  

私は帰国して数年経ちます。いくつか教会に行ったのですが、今は教会を離れています。もともと内向的な性格で、心にあることを表現するのが不得手で、イギリスでも慣れるのにだいぶ苦労し、時間もかかりました。でも、慣れた時には「一生の友達」になれた人がたくさんいました。イギリスを去るのは辛かったです。今でもことあるごとにイギリスの友人とメールのやりとりをしています。帰国後いろんな教会に行って、慣れる努力はしました。救いの確信もはっきりしているし、行った教会では奉仕もしました。ただ、自分にとって大切なイギリスでの話をすると、教会の人は全然興味をもってくれません「そんなこと言ったって、それは向こうのこと。ここは日本。目の前にあることに集中しなさい。イギリスのことは忘れなさい。話したってしょうがない。」といったような感じを受けてしまう応答です。そのように言われると、私自身を否定されたようで、自分が自分でいられないような気持ちになってしまい、交わりから足が遠のいてしまいます。今は、自分の信仰生活はこれでいいのかな、これしかできないかな、と思っています。

 

違いを受け入れること

 思ったことをなかなか口に出せない C さんの性格も、教会に定着できなかった一つの 要因のようです。言葉少ない C さんを、イギリスのクリスチャンの友人たちは忍耐をもっ て受け止めてくれました。理解し、愛してくれました。ところが母国の同胞は違った対 応をします(下線部分)。自分たちと同じようにならなければやっていけないと、有言 無言で示します。しかし、「いつまでもイギリスが恋しいあなたでいい、私たちと同じ ようにならなくったっていい。」という姿勢で接してくれたらどうだったでしょうか。C さんは自分を否定されたようには感じなかったでしょう。どのようにしたら、そのように接することができるでしょうか。

 

違いを受け入れるには ~ 逆カルチャーショックの常…帰国者のつぶやきは平均6ヶ月。

C さんのように、すべての帰国者が長い間海外でのことを話し続けるわけではありま せんが、多かれ少なかれ、どの帰国者にも同様の傾向はあるでしょう。彼らが海外で の経験を話すのには理由があります。一つは、彼らにとってクリスチャンとしての経験 が海外のそれしかないこと。もう一つは、それが帰国者なら誰もが通る、逆カルチャー ショックの姿だからです。違う国・言語・文化圏で生活するとき、人間は (1)「わくわく:旅行者気分」、(2) 「怒 りもしくは回避:この現地人は何なんだ!?もしくは、人との交流を避ける」、(3) 「落 ち込み:どんなにがんばってもこの国の人達のようになれない」、(4) 「落ち着き:私は 私でいい」という4段階を通ります。 日本人が海外に行った時、この4つの段階を苦労しながら通り、やがてその地の生活 に慣れるようになります。そして、日本に戻った時も同じ過程を通ります。しかし、海 外に出たときよりも帰ってきたときの方が、ショックはより大きい傾向にあります。な ぜなら、海外に出るときには、ある程度違った文化に出て行くことへの心の準備が出来 ていますが、自国へ帰国するときには往々にして無防備だからです。すでに自分の知っ ている、生まれ育った場所に帰るのだから何も心配はないだろう、そう思っていざ帰国してみると、あまりにも自分の考え方や価値観が海外のものに影響されていて、もはや 自国のものではないことに愕然とするのです。その過程で、「ふつうの」日本人には理 解し難い言動もあるでしょうが、次第に、自然に日本の生活に慣れていきます。ただ、 海外に出る前の自分に戻ることは無理で、「海外経験をした自分」に落ち着くのです。 人によって期間の幅があるものの、だいたい6ヶ月で「わくわく:日本に帰ってきた! 握り寿司も食べたい物も好きな時に好きなだけ食べられる!」「怒りもしくは回避:私 の友人は何で私の言うことをわかってくれないのか?(海外経験のある者でないとわか らない部分をもっているので)」「落ち込み:やっぱり私は『変人』になっちゃった。も う日本の社会には溶け込めない」「落ち着き:変わっていると思われてもいいや。海外で いい経験もしたし、私は私でやっていこう」という4段階を通って落ち着いていきます。

逆カルチャーショックのプロセスにある中で、C さんが言われたように「そんなこと 言ったって、それは向こうのこと。ここは日本。目の前にあることに集中しなさい。イ ギリスのことは忘れなさい。話したってしょうがない」といった態度で接せられると、 ひゅっと引いてしまいます。たとえそのようなことを言いたくても、そこはグッとおさ えて、「あぁ、そう。よかったね。そうだったの」と、ただただ受け止めてあげてください。 そうすれば彼らは、「自分は受け入れられた。あっちで経験したことも、それはそれで 良かったんだ」と思えて、交わりに留まることができるのです。

続く。。。

    

   

Scroll to top