WIT20の恵み

福田港(ふくだこう)

WIT 2020!! 一体どこからはじめたらいいだろう?初めは何を期待していいのか全然わからなかった。僕の兄と妹は二人ともWITに参加したことがあったけれど、僕が知っていたのはそれだけだった。二人にどんな体験をしたのか聞いてみたら、二人とも、それは一生に一度の体験だったよ、と教えてくれた。

WITの数ヶ月前、CC(セントラルカンファレンス)がオンラインで行われ、大成功をおさめた。WITの時までにはロックダウンが解かれることを願っていたけれど、神様には別の計画があった。

少し早送りすることににすると、みんなの自己紹介ビデオをみながら彼らがどんな風なのかを想像するのはとても楽しかった。でも、正直言うと、新しい人たちみんなに会うことに少しナーバスになっていた。スモールグループに繋がるっていうのは一つの手だけど、、、でもZOOMミーティングでは、全員が自分のことを見ているんだ。

実際のリトリートが始まってみると、こんなに短い間にこんなにパワフルな交わりを持つことができるなんて知らなかった。ジェロムのリードしてくれた素晴らしいワーシップの時間、カナロペとクリスティンのリードしてくれたちょっと風変わりなアイスブレイクのゲームからはじまり、全てが計画され、とてもうまく行われて行った。自分はiPadに向かって話しかけているのにすべての経験がこんなにパーソナルであることにただただ圧倒された。冗談はさておき、神様はこの二晩(自分のタイムゾーンでは)本当に素晴らしく働いてくださった。これから自分は2度とZOOMでの交わりを軽くみることはないだろう。

テーマは「明け渡し」。シンプルだけど深いトピックだ。個人的に密度の濃いディスカッションのトピックが大好きなので、スモールグループでの深い交わりはとても楽しかった。そして、摂さんのリードした、時間外で行われた「証の時間」は、信仰、砕かれ、そして憐みのジェットコースターだった。自分と同じ年頃のたくさんの日系人クリスチャンたちが同じような試練を通らされた、あるいは通っていることに、とてもへり下さらせ、また励まされた。

主の御心なら、来年は顔と顔を合わせて実際に会いたいと思う!知らなかったけど、たくさんのキリストにある新しい兄弟姉妹が自分にはいたのだから。

Scroll to top