EC20 Beyondに参加して

明石優花

わたしは4月に神様を受け入れる決心をし、来月に完全帰国することになっています。しかし、カレッジに行き始めてからクリスチャンに囲まれた生活が当たり前だった私にとって、日本でのクリスチャンとしての生活は想像もつきませんでした。ECに参加するまではそのことを考えすらしなかったのですが、ECをきっかけに、どうやって自分のfaithを保っていくか、どこに教会があるのか、何も知らずに帰ることに不安を感じてきました。

この環境があるからこそクリスチャンになるなんて言えたけど、日本に帰ったら遠ざかっちゃうかな。むしろクリスチャンになるなんて言わなければ良かったな。そんなことさえ、心のどこかで思ってしまいました。

しかし、せっかくのEC、ニュークリスチャンかつ帰国者として、まさに私のためにあるようなもの!オンラインだったため、仕事の合間合間で説教などはなかなか集中して聞けませんでしたが、スモールグループや地域別で日本の人たちとたくさんの繋がりを作ることができ、たくさんのチャーチや関連イベント・コミュニティーを紹介してもらうことができました。

その中でも特に、ソウルケアを通し、神様の働きを感じることができました。

 

私がこのカウンセリングへ応募した際、応募フォームに内容を書く欄がありました。

その時私は特に大きな悩みがあったわけでもありませんが、せっかくだから話を聞いておこう程度に応募しようと思ったので、内容も適当に「4月に神様を受け入れる決意をしましたが、全てオンライン。もうすぐ帰国するので、日本に帰ってからのことも考えたいです。」とざっくりと書きました。

私はてっきりこの内容が相手に伝わっているのかと思っていましたが、相手のカウンセラーは内容を全く知らなかったようで、ソウルケアの前は不安でうまく行くようにとお祈りしていたそうです。

そして当日、わたしは初めてカウンセラーとzoomでお話をしました。その時点では、それまでのECのプログラムを通して帰国に関して幾つかの疑問や不安が出てきていたため、悩みを聞かれた際、わたしは帰国した後の教会の見つけ方や家族や親戚との関係について質問したいと伝えました。

そうすると、その境遇がまさに彼女と同じだったようで、彼女の顔が一瞬にして晴れ、マッチングの方法が何だったにしろ神様が引き合わせてくださったのだと思いました。

そして、わたしはその時初めて洗礼のことを後押ししてもらいました。全然受ける心の準備はまだまだできていなかったけれど、日本に帰る前に受けといた方が良いと思ったのは、このECでのソウルケアがきっかけでした。

わたしは火曜日に、洗礼を受けます。

なんとなくクリスチャンはアメリカの文化の一部のような感覚でしたが、日本にもこれだけのbelieverがいるんだと知り、わたしたちが信じている神様はどこにいても同じ神様で、唯一で、絶対的で、その神様を通して私たちはみんなつながっているんだと感じることができました。

これだけの日本人クリスチャンやそれを応援してくれているクリスチャンたちが繋がっていると思うと、勇気が出たし、日本に帰るのに大きな不安もなくなりました。仲間がいる、同じ神様がいるから、怖くありません。これから日本でどんなことを周りに言われても、どんな困難があっても、神様のタイミングを信じ、神様の下で成長していきたいです。

Scroll to top