GRC21参加者の証「イエスの御名によって…御国を広げる祈り」

GRC21参加者の証

「イエスの御名によって…御国を広げる祈り」

堀田悦子

 ハレルヤ!主の御名を賛美致します!日本で一番人口の少ない鳥取県在住の堀田悦子と申します。主がGRC21を通してどのような業を為されたのか証できる機会が与えられたことを感謝し、主に栄光をお返ししたいと思います。

数年前、現在勤めている大学の国際交流センター英語圏担当者というポジションを活かした留学を通して学生に伝道をするビジョンが与えられ、実際に主がカナダの留学地でクリスチャンのホストファミリーを通して学生の心に触れてくださり、福音に興味をもって帰国したばかりの学生をどうサポートしていったらよいのか主に祈っていた時に初めてGRC18に参加しました。

GRC18参加前の私の心は大学職員という立場を考え、学生に伝道していく恐れがありました。しかし、GRC18を通して主は私の心を整えられ、悔い改めへと導かれ、留学を通した学生伝道を行っていく召命を受けました。その召命を受けてから、神の壮大なるご計画によってこの働きに賛同し、一致して祈り、協力してくれる海外の現地の神の家族や、コミュニティ、そして教育機関が北米、ヨーロッパ、オセアニア、アジア各国に与えられ、そして、イエスキリストの名前さえも知らなかった学生たちは、4週間の短期留学から1年間の長期留学まで、それぞれの留学中に主の愛を体験し、留学中に救われるものから、まだ救われていないけど、聖書に興味をもって帰国してくるものが与えられました。それらの学生たちをサポートするため、スモールグループを始めたり、教会に繋がれない学生たちと一緒に礼拝したりとミニストリーを始めました。

GRC18以後、主への毎日の祈りとして、次のGRC21には主によって始まったこの留学伝道の実りである救われた学生達と一緒に参加することでした。しかし私達のスモールグループに繋がった学生たちは日々バイト、ゼミ、課題などで忙しく、学びや礼拝にコミットできないのが一番の祈り課題でした。しかし、イザヤ書55章10節~11節にあるように、雨や雪が天から降ると、そのままで戻らず、必ず地を潤して、そこに命を宿らせ、これまで荒野だったところが緑となって、美しい花々が咲くように、神のことばも決してむなしく帰ってくることはなく、それを聞いた人々の心は、どんなに乾いている不毛の状態であったとしても、神のことばがその心に蒔かれて、緑豊かな心へと変えられると、神のことばにはそのような力があるという約束を見上げ、学生たちに語った福音は、御言葉は、むなしいものに終わらない、必ず、神の時によって、神への愛の豊かな心へと変えられる、それは主の望むことであり、神から出ることばは必ず成就するということを信じ続けて祈っていました。

スモールグループや礼拝に定期的に集えない学生たちにGRC21に参加することを励ますこともチャレンジでしたが、GRC18以後、積まれてきた祈りに主は応えてくださり、卒業したばかりの新社会人となったニュージーランドの帰国者とGRC18直後からサポートを始めたカナダ帰国者の学生と共にGRC21に参加することができました。

GRC21のテーマである「イエス様の御名によって・・・」そのイエス様の御名によって2人の心に主は豊かに語りかけてくださり、また新しい帰国者クリスチャンとの繋がりが与えられ、2人の信仰がこのGRC21を通して成長していることを見ることができました。そして、GRC21以後、なかなか集うことが難しかった状態から喜んで交わりや学びに臨んでいる姿を見ることができています。これは大きな喜びであり、一人一人の霊的成長をイエス様の御名によって祈ってきている証です。それはGRC18で召命を受け、3年後のGRC21で主の御業の実りの魂達と一緒に参加し、御霊の成長を見ることができること、まさにイエス様の御名によって御国を広げるという祈りの証でもあります!

帰国者クリスチャンが帰国してから信仰が孤立することがないように、神と神の家族と繋がり、キリストの似姿へと変えられ、整えられ、遣わされていく、そのサポートをしているJCFNの尊い働きがこれからも守られ、用いられていくことを心からお祈りしています。

Scroll to top