1月イベント情報

1月のイベント情報です。

【北米】
REACH(シアトル賛美集会)
日時:1月12日(土)
場所:フェイスバイブルチャーチ
問い合わせ先:イベントページ

JXJ(シアトル伝道集会)
日時:1月26日(土)
場所:ISI House
問い合わせ先:ミニストリーページ

ぷにゅーま(シカゴ伝道集会)
日時:1月19日(土)(予定)
場所  Jenkins Hall of Moody Bible Institute
問い合わせ先:ミニストリーページ

【関東】
◎JCFN de お茶LUNCH(東京)

日時:毎週木曜日11:30〜13:30
場所:JCFN日本事務所
問い合わせ:E-mail

Simple Fellowship(東京)
日時:1月6日(土)18:30〜
場所:東久留米
問い合わせ:E-mail

◎JCFN日本祈祷会OCHAHOP(東京)
日時:1月12日(土)10:30〜12:00
場所:JCFN日本事務所
問い合わせ:E-mailイベントページ

☆GiFT Event 1月☆New Year Tea Party(東京)
日時:1月19日(土)13:00〜
場所:永福南キリスト教会
問い合わせ:イベントページ

Good News Saturday(東京)
日時:1月19日(土)18:00〜
場所:武蔵野福音自由教会(吉祥寺)
問い合わせ:E-mail

ICF Kichijoji(東京)
日時:1月26日(土)18:30〜
場所:武蔵野福音自由教会(吉祥寺)
問い合わせ:E-mail(William Wen)

【東海】
2019 New Year INSPA!!
日時:1月12日(土)14:00
場所: グレイスハウス上前津(名古屋市中区千代田2-1-8)
問い合わせ先:Emailイベントページ

JCFNから新年のご挨拶

HAPPY NEW YEAR!!

主は私の羊飼い。私は乏しいことがありません。
主は私を緑の牧場に伏させいこいのみぎわに伴われます。
主は私のたましいを生き返らせ御名のゆえに私を義の道に導かれます。
たとえ死の陰の谷を歩むとしても私はわざわいを恐れません。あなたがともにおられますから。あなたのむちとあなたの杖それが私の慰めです。
私の敵をよそにあなたは私の前に食卓を整え頭に香油を注いでくださいます。私の杯はあふれています。
まことに私のいのちの日の限りいつくしみと恵みが私を追って来るでしょう。私はいつまでも主の家に住まいます。
詩篇23篇1~6節(新改訳2017)

Equipper Conferenceがお休みのため、ゆったりと過ごしているJCFNの年末年始です。

(北米では、JCFNが始まるきっかけとなった、アーバナ宣教大会が行われていましたが・・・)

2018年、様々なかたちでJCFNと共に歩んでくださりありがとうございました。

2018年は主事候補として2人の方が立てられ、積まれてきた祈りに応えてくださる神様の誠実さを覚えたJCFNです。ぜひ、この新年、本格化するサポートレイズのために共にお祈りくださればと思います。

新年も、帰国者たちがどこに送られても神様の召しに応答していくことができるように、引き続き、帰国者に寄り添い、その整えに関わるJCFNとして用いられていけるように覚えてお祈り、働きにご参加ください。

それぞれの新年の祝福をお祈りしています。

JCFN

「ERF一泊リトリート2018」感謝のご報告

JCFNでは他団体とネットワークを築きつつ、世界各地からの帰国者のフォローアップに関わらせていただいています。先日行われました、ERF(European Returnee’s Fellowship)主催の一泊リトリートの報告が届きました。ぜひこの機会に、ヨーロッパからの帰国者について、また、その働きのことを覚え、お祈りください。

 


 

「ERF一泊リトリート2018」感謝のご報告
めぐみ福音キリスト教会 長井宏敬

2018年11月23~24日、ERF【エルフ】として2回目となる一泊リトリートが、在欧日本人宣教会協賛のもと、昨年と同じ軽井沢の会場において開催されました。

日常の荷物を降ろして共にイエスさまの御前に座り、みことばにどっぷりと浸かる。そのようなプログラムを目指し、今回はテーマ聖句「主の家に住まう」(詩編27編4節)より、メッセンジャーにお迎えした吉川直美先生リードのもと、参加者みんなで黙想体験に取り組みました。聖書箇所をゆっくり声に出して読み、繰り返し読みながら自然に心にとまる箇所を絞っていき、心の中でそのことばを思い巡らしていく。初体験となる黙想に新鮮な驚きを持たれた方が多かったようです。

私自身このリトリートを通して一番印象に残っていることは、「意識的に神さまとの時間を取り分ける」ことの大切さです。黙想体験は、そのためのとても新鮮な気づきを私に与えてくれました。『一つのことを私は主に願った。それを私は求めている。私のいのちの日の限り 主の家に住むことを(詩編27編4節)』。優先順位を神様一番にして、忙しい日常の中にあっても、主の家に住む神の家族の一員として、これからもしっかりと主を見つめながら主と共に歩んでいきたい、そう改めて誓う時となりました。

 

また、今回のリトリートでは、今年ヨーロッパから本帰国された兄弟姉妹、また、今夏エジンバラでのヨーロッパキリスト者の集いで配布させて頂いたチラシをきっかけに参加された方、また、今年5月のGRCをきっかけに知り合った方の参加もあり、ヨーロッパだけでなく世界とのつながりを実感できるうれしい時でもありました。

遠くは鳥取、関西方面から、近くは軽井沢から、ヨーロッパ帰国者だけでなく様々な背景を持った総勢38名の方々が集められ、とても新鮮な交わり、励ましの時となりました。沢山の祈りに支えられ、リトリートのすべてが守られたことを感謝します!

 

 

 

 

 

 

 

Scroll to top