🌿心をRestoreする🌿

アメリカでは、ヴァレンタインズデーが終わると、プレジデンツデー(2月第3月曜日)の祝日で、学校は1週間のお休みとなる。今年は、いつもより早めで、ヴァレンタインズデーと重なるため、本来ならスペシャルな連休です。

しかし、外出自粛令の為に、昨年3月から学校や教会に集まることが許されず、今は外出できる距離も150マイルと制限され、遠出をした場合は10日間の自己検疫をしなければいけません。冬休みも祝日も、出かけることや特別感もなく家で過ごし、どこか心が落ち着かないまま、店頭の商品だけが季節ごとに変わり、気がつけば四季が一回りするほど時が経っていることに驚きます。

それでもこのリモート生活は、zoomでの日本のセミナーに参加することが可能になり、行ったことのない街にも、ヴァーチャルで自転車を走らせ、Clubhouseで世界中の方とお話しできる。そして、必要な時はAmazonやDoor Dashで、不自由なく生活できるようになった為、世の中と私の体重は、一気に変貌しました。

そのような毎日にも慣れ、むしろ自由な時間は増え、最初は戸惑った生活のルーティンは守られているのに、なかなか回復しない心とストレス。神さまとの関係、また家族や、会えなくなっていた人達との関係をRestoreするには、どうしたらいいのか?

今は、このことが、世の中が再開する時への課題となってきました。

Restoreとは、修復する回復させるという意味ですが、ご存知のように、元の持ち主に返す元の場所に戻すという意味でもあります。

先日、ヴァレンタイン期間限定キャンペーンを見つけ、主人のお誕生日用に、マグカップの底にRestoreと文字を入れてプレゼントしました。

これは、主人が今年の標語に選んだ言葉だったのですが、ヴァレンタインキャンペーンなだけに、「夫婦関係の修復?懺悔のマグカップなのか?」と、オーダーを受けた人は思ったかもしれません。

あえてこの言葉をカップの底に記すことで、思い出して欲しかった願いとは

  • いつも神さまとの時間を大切に、神さまの懐へ戻れますように
  • この世界と心が回復されるように一緒に祈りましょう
  • 飲み終わったらカップをキッチンに戻してください  でしょうか。

このコロナ禍で、The Church、The World の価値観が急激に変化していく中、目に見えないものに振り回され、動揺してしまう私たちの心。その心が回復するためには、自分のアイデンティティを再確認することが大切だということを、私たちは容易に忘れてしまいます。

まるで、神さまが私を愛していることはもう分かっているから、今はもっと聖書や本の知識を得て、祈り、あちこちの集会に参加して恵まれ、周りから評価される働きをする。その方が、「自分は愛されている」ことを受け取るよりもずっと大切で意味があるかのように思ったり。

見えない不安や孤独を、どこに持って行けばよいのか分からず、自力で修復し、闇雲にストレスを回復させようと試みた事もありました。

私は以前、あることをきっかけに、人前で話すことや、一人で外出や飛行機に乗ることに、極度の緊張や不安を覚えることがありました。そのトリガーは「What if」でした。

まだ、起きてもいないことや、言われてもいない気持ちを仮定して、不安になりました。「自分は、こんなことではダメだ」と勝手に落ち込んだかと思うと、次の瞬間、「きっと、こうすれば大丈夫ではないだろうか」と考える。何をしたら自分の理想や、周りの期待に応えれるかを考えては、溢れてくる喜びや感謝とは別のものに掻き立てられて行動に移ろうとする。そして、周りの人の言葉や行動に敏感になり、心が大きく反応すると、それはたちまち体に現れました。

神さまは、そんな私のそばにいつも居て見守り、

「わたしと一緒に休まないか」

「あなたはわたしの愛する子。わたしはあなたを喜ぶ。」

「さぁ、わたしと一緒に行こうか」

「大丈夫。わたしはあなたと共にいる」

と静まりの中に、時にかなったみ声をかけてくださいました。

ただ日常から離れた場所に出かけて、思い煩いを忘れ、心を空っぽにするだけでは、疲れ傷んだ心を回復させるのは難しいかもしれません。けれども、私の心と身体を造られた神さまの元に戻り、御手の中で憩い、み声を聴き、私の心の軸となって頂くことが大切ではないでしょうか。

私たちは自分や周りの人が思うほど強くないので、これまで経験した失敗や心の傷は、どんなに昔のことでも、いつでもトリガーとなって、私たちのアイデンティティをすり替えようとします。しかし、その度にそばに居て下さるキリストに気づくことができるのは、救われた者の特権です。ですからそんな時は、忘れ物に気をつける子供のように、このリストに目を通すことにしています。

Who are we really のリスト

  1. I am a child of God. (John 1:12)
  2. I am a new creation. ( 2 Corinthians 5:17)
  3. I am a friend of Jesus. (John 15:15)
  4. I am created by God to do good. (Ephesians 2:10)
  5. I am free in Christ. ( Galatians 5: 1)
  6. I am chosen and loved. ( 1 Thessalonians 1:4)
  7. I am the light of the world. ( Matthew 5:14)
  8. I am not ruled by fear. (2 Timothy 1:7)
  9. I am forgiven. ( Colossians 2:13)
  10. I am God’s possession. (Titus 2:14)
  11. I am free from the desires of the flesh. (Galatians5:24)
  12. I am a light in the world. ( Matthew5:14-15)
  13. I am secure in him. (1 Peter 1:3-5)
  14. I am loved by God. (1 John 4: 10)

たとえWhat if、、、に心が動揺し、トラウマや先が見えない不安に支配されそうになっても、こんなにもハッキリと、聖書に書かれているのですから、もう一度自分のアイデンティティを思い返し、心をRestoreしていただきましょう。

🌿 本当の自分は、誰なのか

🌿 誰が今ここに、共にいてくださるのか

🌿 誰がこのことを、一緒にプロセスしてくださるのか

私はそれを知ることで、心に言葉に言い尽くせない平安を得ることができました。

ヴァレンタインズデーは、愛する人に思いを伝える日だけではありません。聖ヴァレンタインを記念したように、これまで自分に愛を注いでくれた大切な人、多くの人の愛を、思い返す日だとも思うのです。神さまから愛されている自分のアイデンティティを思い返す時、疲れ傷ついた心が回復され、愛に満たされ、今度は周りの人にその愛を、自然と分け合えるようにRestoreされていきたいですね。

新しく迎える月も、神さまが一緒に歩んでくださる旅を、心からエンジョイできますように。🌿

 

中尾真紀子
サンタクララバレー日系キリスト教会牧師の妻
🇯🇵🇨🇦🇺🇸生まれの三人娘の母
趣味: 夫の観察、無駄にインテリアの模様替え
主婦ブロガー https://violetteivory.wordpress.com/
妄想カフェをしながら、静まりの隠れ家カフェ準備中

心に神様の働くスペースを作る

こんにちは。

北カリフォルニアに住む、中尾真紀子と申します。

私の住むサンタクララカウンティ(人口190万人)では、これまで7万5,297人、毎日1,000人前後の感染者があり、会堂で礼拝ができなくなって10ヶ月が経ちました。

新しい年は明けたけれど、長期に渡るStay Home、食料品の買い出しに長蛇の列、アウトサイドのカフェやレストランでの飲食も出来ない状態です。

そんな中で迎えた2021年ではありますが、このStay Home中に与えられた恵み、毎日をどのように過ごし、葛藤しながらも、神さまと共に歩む旅路をエンジョイしているかを、少しお分ちしたいと思います。

 

パンデミックになる前に手に取ったある本に、ストレスや恐れに対処する4つのリズムの事が書かれていました。

  • 🌿REST 自分を取り巻く様々な事から退く
  • 🌿RESTORE 心と身体のエクササイズ
  • 🌿CONNECT 笑いを共有する
  • 🌿CREATE 昔の才能を復活させる

この4つのリズムを心がける中で、自分ではなく、神さまが働いて下さる「心のスペース」を作り、ネガティヴな思いや偽りの自己認識、他者との比較から自由になりたいと思いました。

 

REST RESTOREは、インプット リズムで、

イエスさまが満たして下さる平安を、私たちの内側に注ぎ込む。

CONNECTCREATEは、アウトプット リズムで、

自分の誤った価値観や思い込みを手放し、周りとの関わりの中に新しい喜びを見出す。

それによって、ストレスや不安を抱える「人生のシーズン」を、乗り越えるリズムを修練する。というような感じでしょうか。

 

7年半前、突然の転任に伴う引っ越しをしました。自分では、なんとか上手くやっていると思っていた一年後、突然バーンアウトしてしまいました。それからというもの、私の課題は、自分の身に起きたこれらのことを、どうやってプロセスしたらいいのか?でした。

そんな葛藤の中で、イエスさまが私と一緒に休み、私と一緒に歩んで下さる「恵みのリズム」を知りました。それだけでなく、私の為に特別に作られた「喜びのくびき」が与えられていることを知りました。それでも、Covid−19によって突然変わってしまった日常に翻弄される日々ですが、そんな「コロナ禍にある日常」を綴っていきたいと思います。

 

REST のリズムの中で、まず最初に大切だとされることは「心の棚卸」です。

棚卸しといっても、お掃除や整理整頓のことではなく、

これまでの自分の歩みを振り返り、注意深く向き合い、そこに神さまの眼差しを意識することです。

 

① 自分がどんな時に、生き生きしていると感じるか

② 自分がどんな時に、疲れていると感じるか

③ 神さまは、どんなギフトを与え、私の人生にどのように関わって下さっているか

 

心の中を棚卸していくうちに、義務や責任で「しなければいけない」と思うからではなく、もっとそのことに対する「神さまの想いを知りたい」と思うようになりました。

3月にパンデミックが始まってから、当たり前のことが当たり前でなくなり、家にいる時間、自由になる時間が増えました。でも実際は、その変化と不安に掻き立てられ、生活の中に、神さまの眼差しや御声を意識することができないほど、心も身体も忙しくしている自分に気づきました。

そんな時、こんな言葉を目にしました。

 

I’m tired of helping others enjoy God. I just want to enjoy God for myself.

それはまるで、私の内側にある言葉のように感じました。それぞれに与えられた、神さまのダイナミックなCallingに応えるためには、私自身の魂の小さな叫びに気づき、もっと大切にしてあげなければいけない。この魂が主の元に安らぎ、憩い、楽しめるように心を配ることは、与えられているどんな責任や奉仕よりも大切で、私にしかできないことだと思いました。

自分の心をダウンロードしたくても、「空き容量が足りません」と出てきて、そのままにしてしまう。そのうち何が大切だったのか、何を捨てたら良いのかわからず、容量はいっぱいになり、フリーズしてしまう。

そうなると、嫌だけど、怖いけど、強制終了ボタンを自らが押さなくてはいけなくなる。もしくは、これまで上手く進んでいた大切なものまで、一瞬のうちにブチッと消えてなくなってしまう。

それは、本当に神さまが私たちに願っておられることだろうか?

 

私たちの教会のミニストリーが、内と外にも順調で、次はこれ、その次にはこんなことも、、、と様々なニーズが求められた時、ある方が、ポツリとこんなことを言われました。

「新しいことを始めるなら、今まであったことを見直し、一つを辞める必要があるかもしれない」

今だからこそ出来ること。やっと出来るようになったことやアイデアを見つけた時でした。それからは、事あるごとにその言葉を思い出します。そして、どうしていいかわからない祈りの中に

「本当にそのことは、必要だろうか?」

「何かに掻き立てられてはいないだろうか?」と留まることがありました。時には、新しいチャレンジのために、ひとつを手放すこともありました。結果は、とても心が軽くなりました。この状態ならば、またいつかそれをすべき時がきたら、神さまが一緒に「喜びのくびき」でリードしてくれると思えるようになりました。

私たちは、強制終了が必要になる前に、心の棚卸し、空き容量を作り出す必要があるのかもしれません。

「自分のしたいこと」「人から期待されること」「神さまが求められていること」は混同しやすくて、忙しい日常の中、これがベストだと思う事を判断するのは難しいですよね。

奴隷は、奴隷として生まれ育つので、休むことを知らない。だから、神は「人」としての安息日を定め、「奴隷」であるものは、強制的に休むことを自ら努めて学ばなければならないと聞きます。

Productiveでありたいと思うあまり、いつの間にか「奴隷」になってしまいそうな自分から、神に愛された「娘、息子」にRestoreされ戻ることを、目下修練中です。

先日、このコロナ禍で、これまでの常識が変わってしまう中、「今は、祝福の休止符」だと、礼拝のメッセージで語られました。

すぐに、神さま以外のどこかに、自分の居場所や価値を探そうとしてしまう私たちの魂には、安心して休める場所や、心のスペース、そして慰めが必要です。

神さまのもとで、ゆっくり語りかけを聴き、次は、どんな素晴らしいプランを備えて下さるのだろうと、期待を持って神さまと過ごす時間。

そのために、少しの間、目の前にある責任から退き、ゆっくり休み、主を楽しむことは、新年に与えられた私の抱負です。

新年早々、ちょっと面倒くさいけれど、まずはTake Inventory(心の棚卸し)!心に聖霊が自由に働いて下さるスペースを作りたい。

新しい年、神さまに造られた「pricelessな自分」を、安息日ごとに見出し、神さまだけに想いを向ける。恵みのリズムに、2021年をエンジョイして歩んでいきたいですね。

オンラインになったミニストリー JxJ インタビューその2

JXJは、通常、第四土曜日の午後、シアトル大学の近くにあるISIハウスを会場に開かれる伝道集会です。主に日本人留学生がリーダーとして関わり、卒業生や現地のクリスチャン、教会が協力して、食事を提供したり、スタッフとして仕えている超教派の働きです。

滞在期間が1年ぐらいの短期留学生をはじめとした、多くの留学生が毎月集まる集会ですが、コロナ禍で集会自体は2月を最後にキャンセルになり、4月からZoomを使った活動が始まりました。関わっていた学生たちも多くは帰国、新しい留学生が渡米できない中、秋学期からの進路を祈っていたところ、リーダーたちは、一旦この働きを神様にお返しすることを決意しました。リーダーとして関わっていた学生が卒業や転校でシアトルから居なくなるという現実と、集会ができないという状況、また、新しい留学生が来れていないことを考えると、自然な流れのようにも思えました。

しかし、そのような中で、9月から新リーダーが立て上げられ、JxJオンラインの活動が継続されることになりました。現在、リーダーとして関わっている二人の人に、なぜそう導かれたかをインタビューしてみましたので、2回に分けて掲載させていただきます。

1回目はこちら

第2回目は、増山皓一(ますやまこういち)さんです。

まず、今どこで何をされているか教えてください。

この秋にシアトルからオレゴンのコーバリスにあるオレゴン州立大学に転校しました。今は、現地の賛美に満ちている元気いっぱいの教会に集っています。

 

シアトルにはどれぐらいいましたか?そしてJXJにはどういう風にして関わり始めましたか?

 

2015年から2020年10月までシアトルの大学に行っていました。2014年、シアトルに行く直前に台湾でクリスチャンになり、洗礼を一応受けていましたが、2018年に神様との関係が明確になり、深まる体験をしました。その頃、日本語教会に行き始め、その教会で紹介されてJXJに6月から行き始め、それからずっと行っています。

 

初めてのJXJの印象はどんなものでしたか?

 

日本人の留学生が中心になって進めているプログラムで、ゲームや賛美があり、信仰の証があったのでとても馴染みやすく、カジュアルなウェルカムな感じでした。土曜日の午後で時間が割とあったし、楽しいし、おいしい食事もあり、良いことばかりでデメリットがなかったので毎回参加していました。

 

どうやってスタッフになったんですか?

 

毎月参加していく中で、段々とスタッフをしないかと誘われはじめました。月一度なので、それだったらできるかもと思い、関わろうと思いました。

 

スタッフになってどんな経験をしましたか?

 

スタッフ側になってから、参加者とは違う(当たり前ですが)ので、そこに生じる責任感を学びました。また、スタッフになると必然的に他の人達、とくにメンバーとより深く関わることになり、交わりが非常に深まりました。そんな中から、わざわざ来てくれるクリスチャンでない人たちが本当に楽しめるようにしたい、という仕える思いが与えられたように思います。

 

今回、コロナの影響で一旦JXJを終える話が出ましたが、続けることにした背景を教えて下さい。

 

最初は、自分もオレゴンに転校するし、今までのリーダー全員が、帰国や卒業で一度にいなくなるので、JXJを続けるのは無理だと諦めました。でも、話し合いを持った時、今までJXJに関わってきた人たちのJXJに対する思いを聞いた時、JXJが長年どれだけ大切なミニストリーとして存在してきたかということを改めて知りました。

自分自身も、JXJに参加する度に与えられていた交わりに感謝し、本当に感謝をしました。

では、今の期間、オンラインだったらできる、また、オンラインだったらオレゴンからでも関われると思いました。また、同じ時に、大野義希くんがするという意思表明をしてくれたので、二人ならできるかもと思い、それが、後押しになり、決意しました。

 

リーダーを始めてどうですか?

 

実は、ある出来事があったんです。

今、JXJは、インスタグラムやフェイスブックで宣伝をしています。そこに連絡してくれる人たちがいるのは感謝なんですが、最近、一人、アメリカ人で全く違う目的でJXJに加わろうとしている人とのやりとりがあったんですね。本来の自分だったら面倒くさくてそのままにしてしまっていたと思うんですが、自分はリーダーで、責任があるということ、また、この一人の人に応えるのは自分が個人的に応えるのではなく、JXJとして応えるんだと思うと、時間をとって丁寧にやりとりをする必要があると思い、がんばりました。大変でした・・・。汗!

 

オンラインJXJにどんなビジョンがありますか?

 

僕は賛美が好きなんですが、オンラインになってからリードできる人がなかなか見つからないんですね。でも、オンラインなので様々なところにいる人に助けを養成できる、つまり、シアトルに必ずしも直接関係ない人たちにもJXJに関わってもらうことができるチャンスになると思うんですね。助けてもらうことによって、JXJのことを知ってもらって祈ってもらえるようになればとも思いますし、また、その機会を用いてその人の場所でJXJが何か良い影響を与えることができたらと思います。

また、参加者にとっては、今は非常に不安定な時期でもあり、不安が多い状況ではないかと思うんですね。自分には、不安に感じることを分かち合って一緒に祈り合うことのできるクリスチャンの仲間がいます。だから、参加者にもJXJでそのような仲間を見つけてほしい、また、JXJがそのような場所になってほしいと願います。不安な場所から一旦離れ、楽しい時、ほっとする空間、励まされ満たされるそのような時になってほしいと思います。今日来て良かったと思えるコミュニティーになれたらと願います。

そのために、深い会話ができる安心できる空間を提供したいと思います。モチベーションがあがったり、弱さを分かち合える、そんなスモールグループの時間をしっかりと持ちたいと思います。

 

では皓一さんにも最後に同じ質問をしたいと思います。JXJのようなミニストリーをしてみようと思っている人、あるいはしている人たちに一言お願いします。

 

ミニストリーをする時、自分がストレスに抱えないことはとても大切だと思います。燃え尽きないためにも。自分の長所もそうですが、短所や限界を知ること。それらを知ることで助けを求めることができます。また、チャレンジに感じたらすぐに相談することが大切だと思います。仲間と一緒にミニストリーすることの特権です。必ず、解決法はあります!見つかります!

 

義希さん、皓一さん、ありがとうございました。

JXJオンラインが祝福されますように!!

Scroll to top