BBWITメンタリングセミナーの証

与えられた兄弟姉妹の繋がりの中にいる恵み
瀬戸亜也子

BBWIT20で興味ある人が多かったトピックである「メンタリング」についてのフォローアップのオンラインセミナーを開催してくれました。

事前に、2つの質問の宿題がありました。
① 自分がクリスチャンとして整えられるために誰かに関わってもらった経験があるか
② 他の人がクリスチャンとして整えられるために関わった経験があるか

自分自身で事前に考え、またセミナーの中でもその宿題をシェアしました。

「メンター」「メンティー」など関係性の名前がついていなくても、それぞれが整え・整えられる、励まし合う関係を経験していました。関係性に名前がついていなくても、同じような関係が既に与えられていると気付きました。

正式な名前が付いていないと、自分にはそういったものがないと思ってしまうこともあります。相手から認められないと、相手を励まし支えたい思いがあると堂々とできない部分もあります。ですが、関係性の名前の有無にかかわらず、神様の家族の中で支え合い、励まし教え合う、そんな恵みの関係が自分にも与えられていることを気付き認めることは大切だと思いました。

実際にメンタリングをする側・受ける側の両者の経験のある方からパネルディスカッション形式でいろいろお話を聞くこともできました。

印象的で、自分でもしていきたいと思ったのは、「そのメンタリングの目的が何なのか最初に探り、明確にしておくこと」でした。確かに、そういうことって意識しないと考えないことでした。

「自分を変えたい(神様に変えてもらいたい)」「イエス様のことをもっと知りたい」「自分をもっと知りたい」など、自分がしてもらう時も、メンターとなれた時も、忘れないようにしたいです。

メンターの役割をしている方も、その方たちがその役割を始めたのは、自分の信仰に自信が持てたからとか、誰かに認められたからではありませんでした。信仰についての質問を受ける機会が増えた時期だったり、相手からメンタリングをお願いされたことがきっかけだったりと、自分の準備ができたからとかではなく、コーリングのようにその役割が与えられたようでした。みなさん自身も自分がまだ成長させられている立場だと思いながら、共に成長するという心を持ちメンターとして働かれていました。

互いに励まし合っていくことは、神様から私たちに勧められていることの1つでもあります。聖書には1度だけでなく、何度もそのことが書かれています。

関係性に名前があるとか、誰かに認められているとかでなく、神様が私たちに望まれていることを行動にし、神様が私たちの心と働きを見てくださっていることを考えながら、自分にできることをしていきたいと思わされました。

学びの多かったセミナーの機会に感謝します。

ありがとうございました。

帰国者応援Worship Playlist3月

帰国者応援Worship Playlist 3月をお届けします!
みなさん、あっという間に3月に入りましたね!今月はコミュニティーをテーマに作ってみました!キリストの体、神の家族、コミュニティーは信仰者にとって、とっても大事です。神様はいつでも私達と共にいてくださいますが、神様は私達の為に共に生きる家族を与えてくれました。家族を通して励まされ、それと同じく大事なのが、一人一人が神の家族の励ましになることだと思います。このプライリストを聴きながら、励まされ、励ます者となる、励ましになることを祈っています。ーー By 峯恵梨香(JCFN Associate Staff)

 

EC20 Beyondに参加して

明石優花

わたしは4月に神様を受け入れる決心をし、来月に完全帰国することになっています。しかし、カレッジに行き始めてからクリスチャンに囲まれた生活が当たり前だった私にとって、日本でのクリスチャンとしての生活は想像もつきませんでした。ECに参加するまではそのことを考えすらしなかったのですが、ECをきっかけに、どうやって自分のfaithを保っていくか、どこに教会があるのか、何も知らずに帰ることに不安を感じてきました。

この環境があるからこそクリスチャンになるなんて言えたけど、日本に帰ったら遠ざかっちゃうかな。むしろクリスチャンになるなんて言わなければ良かったな。そんなことさえ、心のどこかで思ってしまいました。

しかし、せっかくのEC、ニュークリスチャンかつ帰国者として、まさに私のためにあるようなもの!オンラインだったため、仕事の合間合間で説教などはなかなか集中して聞けませんでしたが、スモールグループや地域別で日本の人たちとたくさんの繋がりを作ることができ、たくさんのチャーチや関連イベント・コミュニティーを紹介してもらうことができました。

その中でも特に、ソウルケアを通し、神様の働きを感じることができました。

 

私がこのカウンセリングへ応募した際、応募フォームに内容を書く欄がありました。

その時私は特に大きな悩みがあったわけでもありませんが、せっかくだから話を聞いておこう程度に応募しようと思ったので、内容も適当に「4月に神様を受け入れる決意をしましたが、全てオンライン。もうすぐ帰国するので、日本に帰ってからのことも考えたいです。」とざっくりと書きました。

私はてっきりこの内容が相手に伝わっているのかと思っていましたが、相手のカウンセラーは内容を全く知らなかったようで、ソウルケアの前は不安でうまく行くようにとお祈りしていたそうです。

そして当日、わたしは初めてカウンセラーとzoomでお話をしました。その時点では、それまでのECのプログラムを通して帰国に関して幾つかの疑問や不安が出てきていたため、悩みを聞かれた際、わたしは帰国した後の教会の見つけ方や家族や親戚との関係について質問したいと伝えました。

そうすると、その境遇がまさに彼女と同じだったようで、彼女の顔が一瞬にして晴れ、マッチングの方法が何だったにしろ神様が引き合わせてくださったのだと思いました。

そして、わたしはその時初めて洗礼のことを後押ししてもらいました。全然受ける心の準備はまだまだできていなかったけれど、日本に帰る前に受けといた方が良いと思ったのは、このECでのソウルケアがきっかけでした。

わたしは火曜日に、洗礼を受けます。

なんとなくクリスチャンはアメリカの文化の一部のような感覚でしたが、日本にもこれだけのbelieverがいるんだと知り、わたしたちが信じている神様はどこにいても同じ神様で、唯一で、絶対的で、その神様を通して私たちはみんなつながっているんだと感じることができました。

これだけの日本人クリスチャンやそれを応援してくれているクリスチャンたちが繋がっていると思うと、勇気が出たし、日本に帰るのに大きな不安もなくなりました。仲間がいる、同じ神様がいるから、怖くありません。これから日本でどんなことを周りに言われても、どんな困難があっても、神様のタイミングを信じ、神様の下で成長していきたいです。

Scroll to top