C-WIT〜沈黙のリトリート〜

皆さん、こんにちは。

めぐみっくすです!

日本は大きな台風が通り過ぎ、多くの爪痕を残しました。まだ避難所に多くの方が身を寄せていますが、日本は急激に寒くなりつつあります。心身共に痛みを抱えている方を覚えて、引き続き世界中でお祈りに加えていただけたら幸いです!

 

さてさて、今回のブログではJCFN主催のリトリート、C-WIT(シーウィット)をご紹介します。

日本でも同じ内容で、C-BBWIT(シービビット)というのが開催されましたが、今回は北カリフォルニアで企画されたC-WITについてです。

C-WITは、中村佐知さん(JCFN理事、霊的同伴者)、尾関祐子さん(JCFN主事)、島田結実さん、中尾真紀子さんが実行委員として企画をしてくださいました。

その中から、今回は中尾真紀子さんにインタビューしました!

 

お互い初めてお話しするので、緊張しながらのインタビューだったことを想像しながらお読みください(笑)

 

めぐみっくす:では早速、C-Witってなんですか?

真紀子さん:ContemplativeWIT(Whatever It Takes)の略で、クリスチャンリーダーの為の沈黙のリトリートです。 

シカゴから中村佐知さんを講師にお迎えし、過去に、シカゴで2回、そしてLAで開催され、今回の北カリフォルニアの開催で4回めとなります。

 

めぐみっくす:沈黙のリトリート一体どんなことするんですか??

真紀子さん:朝から夜まで、丸一日のプログラムです。ランチも沈黙のランチでした。

 

めぐみっくす:え!?どういうことですか?

真紀子さん:とにかくしゃべらないんです。そこで食べたミネストローネ、すっごくおいしかったの。

 

めぐみっくす:でも「おいしいですね」って隣の人に言えないってことですよね??

真紀子さん:はい。感覚を集中させる、ということにフォーカスしていたので、普段だったら見過ごしてしまう素材や色も楽しむことができました。その中で、神さまの細い声を聞く、という修練にもなりました。

 

めぐみっくす:なるほどー。交わりとしての食事と、また違った味わいですね。他にはどんなことをしましたか?

真紀子さん:午後は、お散歩をして、ストーンペインティング(石に絵を書いたりする)をして、今どんなことを思うか、ということを書きました。聖句の塗り絵なんかもしました。

 

めぐみっくす:何か作業や周りの景色を見ながら、自分と神さまが向き合えるよう、工夫されたプログラムなんですね。参加して、どうでした?

 

真紀子さん:

ひとつは、人って何かをすると結果を期待するし、それに伴う評価を期待すると思います。人からの評価の場合もあれば、自分で自分を評価すること。でもその結果を手放し、委ねて、イエスさまと共に歩む喜びがある、ということを教えられました。

もうひとつは、とにかくあの時間を体験したことが嬉しい!特に、日常生活に加えて奉仕をするって、本当に忙しいですよね。喜んでやっていることが、いつの間にか何かに駆り立てられるように奉仕をしてしまうことってあると思うんです。そういう方にこそ、ぜひこういった沈黙の時間を取ってほしいと思いました。

 

*****

真紀子さん、インタビューにお答えくださってありがとうございました。

インタビューの中で印象に残ったのは、真紀子さんが「佐知さんから『リトリートで恵まれたい、こういうものを受け取りたい、というものをまずは手放して来てください』と教えられた」と仰っていたこと。

確かに、私たちは何か行動するときに「このくらいやれば、このくらいの結果が得られるだろう」とか「私は何もできていないので、受け取るに値しない」という思いが湧き出てきて、誰かを愛するとき、神さまの愛を受け取るとき、ついつい費用対効果(コストパフォーマンス)を考えてしまいます。

そのような考えになってしまう自分から解放されて、プライスレスに愛してくださるイエスさまと生きることを受け取るには、沈黙の中に身を置き、神さまと自分の心と向き合う時間が必要なのですね。

皆さんもぜひ、次の機会にはご参加を検討されてみてはいかがでしょうか??

めぐみっくす

BBWIT2019〜ビジョンにコミット〜

こんにちは、めぐみっくすです!
今日は、7月に行われたBBWITの報告をします。
 
前回の記事で、ジュリアにWITのことを伺いましたが、BBWITは、WITの日本版です。
 
Bridge Builder Whatever It Takesの略で、「ビビット」と読みます。
1泊のリーダーシップトレーニングキャンプで、人と人、人と教会の架け橋となる人、なんでも学んで受け取っちゃって!って感じでしょうか。

私は今回、実行委員として参加しました。
過去数回はJCFN主事2人が企画して、セッションなどをやってくれましたが、実行委員が組織されたのは初めてです。
 
 
今回のテーマは、「ビジョンにコミット」というものでした。
プログラムの内容はこんな感じ。
 
+++++++++

イントロダクション:まずはじめに、後藤主事がBBWITの趣旨と、ここでどんなことを願っているのかを説明してくれました。

+++++++++

アイスブレイク:たっくんこと遠藤拓哉さんが、お互いを知ることができるような質問を出し、それに7秒でパパパっと答えるという、ハラハラ・ドキドキのゲームをやってくれました。パッ!と質問されて、パッ!と自分のことを答えることは、以外と難しかったです。

 
+++++++++
ビジョンパート:岡田主事が、JCFNのビジョンから、ビジョンを描くことをレクチャー。
 
+++++++++
朝のバイブルスタディ:めぐみっくすリード。「5つのパンと二匹の魚」の奇跡から、ビジョンにコミットするということは、イエスさまの見ている方向を共に見て、自分が持っているものを差し出すこと、「これが何になりましょう」ということさえも、イエスさまの手に渡れば、この世界の祝福へと繋がっていくことを分かち合いました。
+++++++++
コミットメント:梯弘実さんが、「人生を導く5つの目的」から、賜物発見と、賜物を何のために用いるのか、ということをレクチャー。
BBWITの前にアンケートに答える形で、自分の賜物を教えてもらっていましたが、みんなどんな賜物を与えられていたのでしょうか???
 
+++++++++
 
実践:今井ありささんが、「帰国者のイベントを作ってみよう」ということで、発見した賜物をお互いに用いる実践をしました。
どのグループもおもしろい企画考えてたね!
 
+++++++++
リフレクション:今まで学んだビジョンとコミットメントから、自分はどのような生き方をしていくのかを考えました。お墓の墓標に、「自分はこんな人だった」と書かれるとしたらどんなことか(例えば「神と人を愛する人だった」とか)、考えてそれぞれ書き出しました。
+++++++++
そして最後に我らが理事長、米内先生がヨナ書からメッセージをしてくださいました。
Vision + Commitment = Struggle
ヨナは、誠実に神さまに仕えようとすればするほど、ストラグルした人。
神さまのビジョンにコミットしようとすれば、私たちにも必ずストラグルがあるが、そこに正直に向き合って良い、というメッセージに励まされました。
 
神さまから与えられているミニストリーのリーダーたちが、BBWITで新しい視点や力を得て、また次に一歩踏み出すきっかけになったのではないでしょうか。
このようにトレーニングされて、架け橋となる人がいてくれるので、帰国者の皆さん、安心して帰ってきてくださいね!
また来年も企画されると思います!
実行委員で関わりたい人、ぜひ一緒に企画しましょう〜〜

WITの恵み〜峯ジュリアさんにインタビュー〜

こんにちは!

めぐみっくすです。日本はセミの声がどこでもかしこでも聞こえますね。

何年も何年も、何をするでもなく土の中で暮らし、やっと地上に出てきたと思ったら敵が多く、数週間の命のセミ。

地上だけがこの世界だと思っている視点を新たにさせられます。

 

さて、今回はWITのリーダーの峯ジュリアさんにインタビューしました。

※残念ながら今回は直接のインタビューが叶わず、メールでのインタビューになりました。

 

では早速インタビュー!

 

めぐみっくす:WITってなに?どのようにしてリーダーを引き受けたの?

ジュリア:WITWhatever It Takesの略で、アメリカにいる日本人クリスチャンのためのリーダーシップトレーニングキャンプです。WIT卒業生からの推薦によって参加できる、とても特別なキャンプです。私は2017年のWITに参加者として参加させていただきました。

2019年の秋頃にディレクターをやらないかとのお誘いのメールをいただきました。正直、ディレクターをやることは全く考えていなかったのですが、お誘いのメールを読んだ瞬間に「真の礼拝者」というテーマが私の中で響き、「これはこのテーマで主がやって欲しいと願っているのではないか」と思い、祈ってみて、ディレクターをさせていただくことにしました。

 

めぐみっくす:神さまからのコーリングがあって、ジュリアはディレクターを引き受けたんだね~。このWITが、今後どのような実を結んでいくのか楽しみです!

次の質問です。今回のWITのハイライトはどんなことだった?

 

ジュリア:今回はヨハネ4:23の「真の礼拝者」がテーマであることから、霊とまことによる礼拝について学び、私たち自身の礼拝に対する姿勢を見つめ直す時間をたくさん持ちました。普段のスモールグループの時間に加え、Night of Worshipというイベントを企画し、音楽とメッセージはもちろんのこと、個人が好きな形で礼拝するという特別な時間を持ちました。ジャーナリングや、祈り、またアートを通して主に礼拝を捧げ、それぞれが主と濃く深くパーソナルに交わる時間を持つことができました。

 

↑WITの集合写真

 

めぐみっくす:さすがジュリア!賛美の賜物が用いられております。個人が好きな形で礼拝するって、その人らしくていいね!

さて、最後の質問です。WITの恵みはどんなことがありましたか?

 

ジュリア:私にとってWITの恵みはリーダーズとのミーティングが始まってからいただいていたと思います。教派・教団によっては、礼拝へのフォーカスポイントが違ったりします。リーダーズの間で意見や考えが一致していないとこのテーマでWITをやるのはすごく難しいと思っていたので、どういうスタッフが集まるのか、実はかなり心配していました。しかし、集まったスタッフとは一致がとても早く、御言葉をもとに一緒に礼拝というものを見つめることができ、本当にミーティングをしながら、とても祝福されました。イエス様によって集められたスタッフだなと、心から感じました。また、参加者も最初は集まりが悪く、小さいグループになってしまうのではないかと心配しましたが、このメッセージを聞かなければならない一人一人がイエス様によってハンドピックされ、ここにいるんだということ、神様の壮大な計画の中で私は生かされているんだなと思いました。すごく自分が良い意味で小さく感じ、「天のお父様、でかいわ!」とより一層天のお父様が大好きになりました。

 

ありがとうございました!

「真の礼拝者」というテーマは幅が広く、ディレクションが難しそうですが、それぞれのあり方、賜物で神さまを褒め称えること、そして礼拝について考えることができた様子が伝わりました。

このように、WITを体験したリーダーたちが将来日本に帰国するのですね!楽しみですね~。

リーダーシップについて学びたいとお考えの皆さん、すでにリーダーシップを取る立場にある皆さん、どうぞ今後のWITの機会、お見逃しなく!

Scroll to top