JCFN理事長にインタビュー!

皆さん、こんにちは。
ながーーーい梅雨、明けましておめでとうございます。
ようやく夏到来ですね!
 
 
さて、今回はJCFNの理事会をご紹介したいと思います。
 
JCFNには「理事」という人たちがいて、団体の方向性や経済的なこと、人事を考え、働きのことでアドバイスしたり、最終的な法人としての責任を担い、祈りで支えてくださっています。
 
 
現在は北米と日本から8名で構成されていて、年に1度、顔を合わせて会議をしています。
メンバーは方々はこちら
 
 
今回は、JCFN理事長の米内宏明(よない ひろあき/国分寺バプテスト教会牧師)先生にインタビューをしました。
 
 
それでは早速インタビュー。
 
めぐみっくす:先生はどのようにJCFNに関わるようになりましたか?
 
米内先生:私が米国滞在時、海外でクリスチャンになった日本人に、どのように教会を紹介したら良いか、と相談を受けました。
当時はインターネットの無い時代でしたので、電話と住所を「キリスト教年鑑」で調べて、教会を紹介していました。
そのときに、私にこのように声がかかるということは他にももっといるんじゃないか、と思ったのです。これが、私の留学生伝道、帰国者フォローアップとの出会いです。
JCFNへは、帰国後に当時JCFN理事であった故片岡伸光さんにお声をかけていただいたことがきっかけで、理事として関わるようになりました。
*****
 
めぐみっくす:JCFNの理事会のメンバーたちはどういう人たちですか?
 
米内先生:とっても楽しいメンバーです。地域も立場もさまざまな方々で構成されています。メンバーが入れ替わっても、それぞれの視点からJCFNの働きに良い意見とアイデアを出してくれて、誠実に関わってくださっている皆さんです。
私にとっても、とても励まされ、新たな視点をいただくので、年1度の理事会を楽しみにしています。
 
↑理事会メンバー
 
*****
めぐみっくす:今回の理事会の目玉(ホットトピック)はなんでしたか?
 
米内先生:JCFNでは、いつも全てがホットです。
まずひとつめは、新主事候補の土田さんご家族と、古屋詩織さんが与えられていること、そしてお二人のサポートについてです。
主事としての経済計画を立て、支援をどのようにアピールするか、ということを話し合いました。
ぜひ皆さんも、経済的支援をお願い致します!
 
次に、JCFN30周年について。2020年のECから、JCFN30周年がスタートします。今後の活動の拡がりにともなう様々なテーマや課題への対応と、主事の皆さんが働きやすいように知恵を絞ります。
引き続き、皆さんのコミットを期待しています!
 
*****
 
米内先生、ありがとうございました。
引き続き、新主事のため、経済的なこと、なにより留学生がどこに送られても信仰を持って、神さまと歩んでいくことを励ますJCFNの働きを覚えてお祈りいただければ感謝です!

年間維持会員献金の更新時期ですよ!〜献金ってなに?〜

こんにちは、めぐみっくすです。

突然ですが皆さん、6月と言えば???

 

JCFNの会計の年度末ーーーー!!!

ってことは、「年間維持会員献金」の更新時期です!

ぜひ皆さんに、新年度に維持会員になる/ 更新をしていただき、JCFNの働きをぜひ一緒に支えていただきたいと願っています。

 

と、ただ私がアピールしてもおもしろくないので、『お金と信仰』の著者であり、JCFN理事でもある高橋秀典先生(立川福音自由教会牧師)を訪問し、献金のことを学んできました。

お金のことって、なんとなく聞いて良いのか、いけないのか、タブーな感じしますよね。

 

今回は高橋先生に、お金のことをざっくばらんに聞いてきたので、ぜひこの機会に献金について考えてみてください。

ではインタビューに行きましょう。

(文章は長くなってしまいましたが、読む価値ありです!!)

 

高橋先生

 

めぐみっくす:先生の、献金に対するパッションって何ですか?

 

高橋先生:

もともと捧げ物というのは、レビ人のために捧げられていたんです。

旧約聖書で、12部族に土地が割り当てられたときに、レビ部族は土地が割り当てられず、主ご自身が相続地となりました。つまり、土地が無いので作物が育てられなかったのです。

主のために働く、神殿の働きをするレビ人が生きていくことができるように、周りの部族が捧げ物をして、レビ族を生かしていました。

 

民数記1824

それは、イスラエルの子らが奉納物として主に献げる十分の一を、わたしが相続のものとしてレビ人に与えるからである。それゆえわたしは、彼らがイスラエルの子らの中で相続地を受け継いではならない、と彼らに言ったのである。」(聖書新改訳2017©2017新日本聖書刊行会)

 

つまり、

 

捧げ物をしなければ、神の国のシステムが成り立たないのです!!!

献金は、神さまの働きのために私たちが具体的にできることですね。

 

もう一つは、財産は交わりのためにあります。

 

申命記 142228

あなたは毎年、種を蒔いて畑から得るすべての収穫の十分の一を、必ず献げなければならない。

主が御名を住まわせるために選ばれる場所、あなたの神、主の前であなたの穀物、新しいぶどう酒、油の十分の一、そして牛や羊の初子を食べなさい。あなたが、いつまでも、あなたの神、主を恐れることを学ぶためである。

もしあなたの神、主が御名を置くために選ばれる場所が遠くて、あなたの神、主に祝福していただくために運んで行くことができないほど、道のりが長いなら、

あなたはそれを金に換え、その金を包んで手に取り、あなたの神、主が選ばれる場所に行きなさい。

あなたは、そこでその金を、すべてあなたの欲するもの、牛、羊、ぶどう酒、強い酒、また何であれ、あなたが望むものに換えなさい。そしてあなたの神、主の前で食べ、あなたの家族とともに喜び楽しみなさい。

あなたの町囲みの中にいるレビ人をないがしろにしてはならない。彼は、あなたと同じようには相続地を割り当てられないからである。

三年の終わりごとに、その年の収穫の十分の一を全部持ち出し、あなたの町囲みの中に置いておかなければならない。(聖書新改訳2017©2017新日本聖書刊行会)

 

また、箴言1917におもしろい表現もあります。

貧しい者に施しをするのは、主に貸すこと。主がその行いに報いてくださる。(聖書新改訳2017©2017新日本聖書刊行会)

捧げることを聖書では「主に貸すこと」と言っているんですね。

捧げた相手から何か見返りがあるのではなくて、神さまから返ってくることを期待してます。それが、祝福だと言えるでしょう。

 

 

めぐみっくす:

ななななるほどーーーーー。

私たちが献金することは、神さまの創る世界に加わって生きることなんですね。

さて、続いてJCFNの年間維持会員献金って何ですか?また、年間維持会員献金のアピールもお願いします!

 

 

高橋先生:

年間維持会員献金はJCFNの働きを安定させるために、継続して応援(サポート)します」という表明ですね。

毎年3,000(1)を捧げていただくのが「年間維持会員」のシステムです。

JCFNの働きを心に留めて、ぜひ祈りつつささげてください。

 

マタイの福音書 61921

自分のために、地上に宝を蓄えるのはやめなさい。そこでは虫やさびで傷物になり、盗人が壁に穴を開けて盗みます。

自分のために、天に宝を蓄えなさい。そこでは虫やさびで傷物になることはなく、盗人が壁に穴を開けて盗むこともありません。

あなたの宝のあるところ、そこにあなたの心もあるのです。(聖書新改訳2017©2017新日本聖書刊行会)

 

時間やお金、自分の「財」を捧げることは、損のように感じますが、違います。

天に宝を積むことは、神さまに管理を任せるということです。

そのような信仰の中で、ともにJCFNの働きを支えていきましょう。

聖書を「捧げ物」の観点で見ると、おもしろい発見がたくさんありますね。

神さまのミニストリーの広がりに期待して捧げていきましょう。

年間維持会員献金の登録方法・献金方法はこちら

ぐりこり!実行委員長インタビュー!

みなさん、こんにちは!

 

めぐみっくすです。

4月27日に、GRC18リユニオン(通称ぐりこり)が行われました!

 

あの恵みの日から1年。

参加した皆さんの、この1年の歩みはどうだったでしょうか?

 

今回のぐりこりについて、実行委員長の峯恵梨香(みね えりか)さんにインタビューしました。

 

 

めぐみっくす:

ぐりこりをやって、思い出した恵みや、新たに得た恵みはありましたか?

 

恵梨香:

とにかくリユニオンはすごく楽しかった!

想定していた人数よりも多くの方々が来てくれて、賑やかにお喋りしたのが楽しかった!

沢山の人達も奉仕をしてくれて、昨年のグリコを思い出せる飾りつけだったり、盛り上げ方だったり、自由に賛美してる姿だったり、改めて帰国者の集まりって楽しいし、自由だし、大事だなぁって思わされました!

今回のハイライトは多いけど、特に証はとても感動しました!グリコを通して神様が色々と語ってくださり、実がなり、帰国してきた女性が次の日バプテスマを受ける!っていうドラマチックな証は私にとってとても励ましになりました!

 

めぐみっくす:

恵梨香自身の、GRC18〜ぐりこりの1年の歩みはどうだった?

 

恵梨香:
私のこの一年の歩みは簡単には語れないくらい色々ありました。笑

グリコのために作ったテーマ曲は一人歩きしていてびっくりしたりしていましたが、グリコがあったからこそ、意識的に主は私とともにいてくださっているんだなぁ、と思える時が多かったと思います。

 

めぐみっくす:

次回は2021年にGRCを予定していますが、GRC21に期待することや、参加者に向けてのコメントをお願いします!

 

恵梨香:
みんなに来て欲しい!ただそれだけです!帰国者だけで集まるのではなくて、是非帰国者ではない人達もたくさん来てもらって、帰国者と共に日本のためにどうやって輝いていけるかみんなで考えられたらいいなと思います!もう日本に帰国しているクリスチャンは帰国者クリスチャンだけではなくて、日本人クリスチャンなので共に日本と神の国にDWELLしてる人達と一つなっていける場所となればいいなと願っています!是非家族、お友達、教会の兄弟姉妹を誘って来てください!❤❤❤

 

恵梨香、ありがとうございました。

今回、残念ながら恵梨香への直接インタビューが叶わず、文字のやり取りになってしまいましたが、恵梨香のビックリマークの多さに、勢いが伝わってきました!

実行委員長という大きな役割を担ってくださって、ありがとうございました。

また次回のGRC21、楽しみにしています!

 

めぐみっくす

Scroll to top