神様の計画に在ったBBWIT20の恵み

神様の計画に在ったBBWIT20の恵み

瀬戸 亜也子

 

例年であれば2泊3日で行われているBBWIT。それが延期となり、オンラインになり、日程が減り、内容も予定より少なくなりました。私たちの目から見たら「ちょっと残念」な流れの中で、主の計画はそのちっぽけな考えより大きくて、良い意味で予想外の祝福のある時間を与えてくれました。

初のオンラインでの試み。2週間ほど前からSNS上で自己紹介から繋がりが始まりました。日々ゆっくり追加されていく皆さんの自己紹介に、心はワクワクです。当日2日間では全体での学び、スモールグループ、パネルディズカッション、デボーションの時間、メッセージ。そして学びだけじゃなくゲームも。すごい!

千葉・東京・埼玉・神奈川・愛知・兵庫・鳥取・沖縄・時差も超えてカリフォルニアからも兄弟姉妹が集まれるなんて、オンラインでないと成しえない環境の中で、共に学ぶ恵みにあずかりました。

今回のメインテーマは【セルフケア】。

リーダーとしての働きの中、リーダーだからこそ忘れてしまいがちな、自分自身へのケアについて向き合い、学びました。

リーダーの立場の人や、役割に付いていてなくても周りのために動いている人は少なくないと思います。そんな皆さんは自分の時間を確保するよりも、自分の心の状態よりも、周りのために時間など優先して使うこともあるのではないでしょうか。また、「しっかりしていなきゃ」と強くあろうとしないでしょうか。

学ぶ中で個人的に思わされたのは、クリスチャンとして成長していっても、いつまでも【神様の子供】ということでした。

神様との個人的な時間を確保することや、神様が共にいてくださる平安にひたることも大切。自分は神様が作ってくれた被造物の人間だと覚え、限界ある存在と認め、神様によって今存在していることを知る大切さも学びました。

そして、テーマ聖句エペソ4:16にもあるように、私たちの地上での歩みは一人ではなくて、「あらゆる節々を支えとして組み合わされ、つなぎ合わされ」、兄弟姉妹と共にあります。励ましあい、頼りあい、支えあって進んでいきたいと思いました。

参加できてよかったです。この機会を与えてくれた主に感謝します。

 

いま未経験な状況の中にいますが、何があっても、主がいてくださるから大丈夫。この地で何があっても、兄弟姉妹は繋がっていられる。だって神様がその方法を用意してくださるから。その縮図がこのBBWITにありました。

「こんな時もあったね。」と笑顔で振り返るときが来ると思うと、それも楽しみです。

「やっと会えたね!」と直接会えるときの楽しみが残っているのも嬉しいです。

臨機応変に、柔軟に、クリエイティブに、準備・運営してくださった実行委員の皆さまにも、ありがとうございました。

JCFN主事候補の今・・・

皆さん、こんにちは!
いかがお過ごしでしょうか。

新型コロナウィルスに感染してしまった方の速やかな癒しと、医療従事者の皆さまを特に覚えてお祈りしています。

さてJCFNには、ぜひ皆さんに覚えてサポートしていただきたい、2人の主事候補がいます!

一人は、古屋詩織さん、そしてもう一人は土田大介さんです。
神さまが、この素敵な2人を与えてくださって、導いてくださっていること、本当に感謝です(T_T)

今回は、主事候補の土田大介さんに、リモートでインタビューをしたときの様子をお伝えします!

本当はサポートレイズ以外のことも含めて、トータル4時間くらい喋ったので、めちゃくちゃ濃い時間だったのですが、 サポートレイズについては15分くらいの内容であること、ご了承ください(笑)

****

JCFNレポーター:コロナの影響があって、サポートレイズの調子はどうですか?

大介さん:教会も人が集まれない状況にあって、今、どこかの教会に行って働きのアピールをしたり、サポートレイズするのは難しいね~。

JCFNレポーター:確かに。教会そのものも献金の額が下がっていて運営が厳しい状況にある教会もありますしね。

大介さん:最初はレイズを積極的にできない状況や、目に見える数字に焦ったけど、今は「待つ時」だと思ってます。
目の前の状況を見れば、何かしなきゃ!と考えてしまうけど、人間のプランではなく、神さまがGOする時を見極めて、神さまから与えられる平安の中を生きていきたいと願っています。

JCFNレポーター:私たちは、どう祈ることができますか?

大介さん:まずは家族の健康のためにもお祈りください。
特に妻(啓さん)が保育園で働いていて、新型コロナウィルスだけでなく、ただでさえいろいろなウィルスに感染しやすい環境にあります。
そして、必要が満たされるように。
今できることは少ないけど、神さまが働いてくれてるということを見たいですね。
特に自分でなんでもやらないといけないと思ってしまうので、どんな状況でも神さまのやり方に従うことができるようにお祈りください!

あとは、僕たちのこと、忘れないでください!!!

 

 

 

 

****

大介さん、啓さん、お時間いただいてありがとうございました!

新型コロナウィルスの影響で、多くの方が立ち止まり、いろいろなことを考えている時だと思います。

忍耐を経験している方もいれば、道が閉ざされた方、逆に新しく道が開かれた方…
どんなシチュエーションの方も、神さまから目を逸らさず、知恵が与えられて、平安の中を生きることができますように。

JCFNの主事候補が、皆さんと直接お会いできないのは残念ですが、神さまの働きは継続中です!
ぜひお祈りに覚えてくださって、またお捧げいただけれは感謝です。

(これはJCFNレポーターの勝手な呟きですが、大介さんが使ってるパソコン、超古いらしいですよ!!)

最新の土田ファミリーのニュースレターはこちらから!

古屋詩織さんのニュースレターは、こちらから。
アクセサリーも販売しています。

どちらのニュースレターも、継続して受け取りたい方は、JCFNまでお知らせください。

サポートのための献金はこちらから
いろいろな方法があります!

「土田ファミリーサポート」、「古屋詩織サポート」、「事務局の働き」等、献金の用途を、事務局までご一報頂けると助かります。

WIT20の恵み

福田港(ふくだこう)

WIT 2020!! 一体どこからはじめたらいいだろう?初めは何を期待していいのか全然わからなかった。僕の兄と妹は二人ともWITに参加したことがあったけれど、僕が知っていたのはそれだけだった。二人にどんな体験をしたのか聞いてみたら、二人とも、それは一生に一度の体験だったよ、と教えてくれた。

WITの数ヶ月前、CC(セントラルカンファレンス)がオンラインで行われ、大成功をおさめた。WITの時までにはロックダウンが解かれることを願っていたけれど、神様には別の計画があった。

少し早送りすることににすると、みんなの自己紹介ビデオをみながら彼らがどんな風なのかを想像するのはとても楽しかった。でも、正直言うと、新しい人たちみんなに会うことに少しナーバスになっていた。スモールグループに繋がるっていうのは一つの手だけど、、、でもZOOMミーティングでは、全員が自分のことを見ているんだ。

実際のリトリートが始まってみると、こんなに短い間にこんなにパワフルな交わりを持つことができるなんて知らなかった。ジェロムのリードしてくれた素晴らしいワーシップの時間、カナロペとクリスティンのリードしてくれたちょっと風変わりなアイスブレイクのゲームからはじまり、全てが計画され、とてもうまく行われて行った。自分はiPadに向かって話しかけているのにすべての経験がこんなにパーソナルであることにただただ圧倒された。冗談はさておき、神様はこの二晩(自分のタイムゾーンでは)本当に素晴らしく働いてくださった。これから自分は2度とZOOMでの交わりを軽くみることはないだろう。

テーマは「明け渡し」。シンプルだけど深いトピックだ。個人的に密度の濃いディスカッションのトピックが大好きなので、スモールグループでの深い交わりはとても楽しかった。そして、摂さんのリードした、時間外で行われた「証の時間」は、信仰、砕かれ、そして憐みのジェットコースターだった。自分と同じ年頃のたくさんの日系人クリスチャンたちが同じような試練を通らされた、あるいは通っていることに、とてもへり下さらせ、また励まされた。

主の御心なら、来年は顔と顔を合わせて実際に会いたいと思う!知らなかったけど、たくさんのキリストにある新しい兄弟姉妹が自分にはいたのだから。

カテゴリー

フォローする

Follow JCFN Blog on WordPress.com
October 2020
S M T W T F S
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

お問い合わせ

連絡先

JCFN 北米
P.O. Box 17982, Irvine, CA 92623-7982, USA tel 949-424-7535 e-mail: ushq*jcfn.org (*を@に変えて入力してください。)

JCFN 日本
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-1 OCC ビル内 Tel/Fax03-5217-2505 e-mail: nihon*jcfn.org (*を@に変えて入力してください。)

Scroll to top