オレゴン州での日本人宣教について

JCFN 北米協力主事の佐伯良樹です。オレゴン在住18年目、JCFNの働きは8年目を迎えています。オレゴン州ポートランドは人口、全米でも常に住みやすい街、住みたい街の上位にランクインしています。州全体の日本人の人口は約7000人。Portland メトロと呼ばれる、Portland市、Beaverton市、Hillsboro市、またワシントン州のVancouver市に日本人人口のほとんどが集中しています。

日系企業も多く進出しており、昨今は企業から派遣される駐在員も増加傾向にあります。

気質でいうと、非常にリベラルな風土で有名で、日本でも広まっているDIYカルチャーの中心地とも言われます。

この街に住んで18年になりますが、最近は人口の増加に伴い、急速な都市化が進みポートランドが持つ魅力、大自然が少しずつ減っていく姿を見るのは寂しい思いもあります。

現在Portlandメトロと呼ばれる地域には、日本語で礼拝をもっている教会が4つありますが、都市の規模や日本人人口を考えると決して多いとは言えない数字です。またISIをはじめとする留学生への伝道を行っている宣教団体や、ホームステイプログラムを通したミニストリーも盛んです。 日本人留学生も一時の急激な減少傾向が落ち着き、短期留学や交換留学の学生にも、様々な形で福音を知るきっかけとなるような伝道が行われています。

そんな中、2017年には第1回目のRJCカンファレンスがオレゴンで開催されました。(RJC はReaching Japanese For Christの略で、北米に住む日本人宣教に重荷を持つ人々のネットワーキングやシナジーを作り出す場を提供しています。https://rjcnetwork.org/を参照。)

各教会やミニストリーが共に集まり、祈り、同じ宣教のビジョンを確かめ合うことで、今後この街で主ご自身が願っておられる働きをどのように進めていくべきか?大きな希望とチャレンジを同時に受ける時でした。その後、日本で長きに渡って宣教として奉仕され、引退後故郷に戻ってこられたStollerご夫妻を中心に、働き人の間の交わりとネットワークが少しずつ広がってきています。

今後ポートランドの街も大きく変化していくと見られています。しかし、変わることのない神の国の良き知らせを必要とする日本人がいる限り、この働きは続いていく必要があります。

主が始められたこの良き働きが、祈りの中で前進していくことを願います。

北米協力主事 佐伯良樹

ミシガン州日本人ミニストリーレポート

倉田めぐみ(JCFN中西部協力主事)

 

 ハレルヤ!主の御名を賛美します♫。JCFNに中西部協力主事として関わる恵みに預かっております、倉田めぐみと申します。まだ寒い日もありますが、皆さまお元気でお過ごしでしょうか。今日はこの場をお借りして、ミシガンで神様が行ってくださっている働きについてシェアさせて頂ければ幸いです。

 「ミシガン」と聞くと他の地域にお住まいの方は何を思い浮かべられるでしょうか。雪・寒風・・・も、もちろん目一杯ありますが、ミシガンの代表的な産業と言えば自動車。近年自動車関係の仕事でこの地に移住する日本人が多くなり、アメリカ国内で日本人の人口増加率の1、2を争う地域です。

 そのような日本人を対象にした大小の働きがミシガン各地に点在しています。今回は日本人人口が特に集中しているデトロイト近郊、ミシガン南東部を中心にご紹介したいと思います。

 この地域の日本人ミニストリーを現地のアメリカ人兄弟姉妹の支え抜きにして語る事はできません。複数のローカル教会が提供するESLやバイブルスタディを始め、様々なプログラムを通して駐在員家族を中心に毎週数百人の日本人にリーチアウトが行われています。

 下は昨年10月20日(土)に行われたRJCマルチサイトカンファレンス・ミシガン会場の様子です。地域の様々なミニストリー団体や教会から日本人ミニストリーに重荷を持った人々が一同に会して、情報交換と励ましを受ける祝福された時となりました。多くのアメリカ人、また日本人以外の外国人の方々が、なんとかして一人でも多くの日本人の魂が救いへと導かれるようにと熱心に祈り求め、豊かに愛を注ぎ続ける姿を拝見するにつけ、主の日本への憐れみといつくしみを目の当たりにするようで胸が熱くなります。

 また今回は2015年秋に続き愛知県牧師会より井森隆司先生(日本バプテスト教会連合 豊田みのりキリスト教会)と入江告先生(日本同盟基督教団 豊田神池キリスト教会)が来訪してくださり、RJCカンファレンスにもご参加くださって共に交わり、豊田市の教会の事を伺う機会が与えられました。

自動車関連の仕事で駐在している家族の多くが愛知と近辺の地域からやって来て、またそこへ戻って行かれるので、ミシガンと豊田の間で協力関係が育まれているのはまさに主が与えてくださった橋渡しの備えだと思います。

 次の写真は日曜賛美喫茶とインドア・アウティング(お餅フェローシップ版)からのものです。これはどちらも教会の枠を超えた信徒主体の超教派イベントで、様々な家庭で持たれているバイブルスタディ等と並んでクリスチャン同士の励ましと成長の場であると同時に、教会にまだ行った事がないノンクリスチャンの方も気軽に参加できる雰囲気になっています。

こんな感じで、寒いミシガンですが主の業は熱いです!どうぞお祈りに覚えて頂ければ幸いです。

 

この地で多くの日本人がキリストに出会い、従う者と変えらるように。

豊かに用意されている収穫のために働き人が起こされるように。

すでに救われたクリスチャンに一致と成長が与えられ、主の働きの協力者として立っていく事ができるように。

 

それぞれ置かれた場所で、皆さんの上に愛の神様の祝福が豊かにありますように。

 

「よきおとずれを伝え、平和を告げ、よきおとずれを伝え、救いを告げ、シオンにむかって『あなたの神は王となられた』と言う者の足は山の上にあって、なんと麗しいことだろう。」イザヤ52:7

地域集会ご紹介〜名古屋・関西編〜

こんにちは!
めぐみっくすです。
新年明けましておめでとうございます!
今年、皆さんは神さまにどこに遣わされるのでしょうか。
それぞれが置かれるところ、皆さんのいるところから始まる主の祝福に期待しています!
JCFNブログも、ご愛読のほどよろしくお願いいたします。
さて、前回に引き続いて今回も地域集会をご紹介していきます。
今回は、名古屋と関西です!
以下のことについて、リーダーにお伺いしました。
地域集会名
いつ・どこで開催しているか
活動内容
ビジョン
その地域の名産等、アピールポイント
その他、コメント、言い足りないことあればご自由にどうぞ!
では、名古屋から。
インタビューに答えてくれたのは、インスパ山田風音(やまだ かずね)さん
インスパイアリユニオン(通称インスパ)
来年から不定期開催になります。主な集会場所はグレイスハウス上前津というシェアハウスです。
東海地域に帰国してくる方を個人的に励ます。不定期の食事会。その他ゲストを招いての集会。
祈りと支援のネットワークとして帰国者を待ち続け支え続けるコミュニティーとして再出発したいと願っています。
え? きしめん? 味噌煮込み? みそかつ? だめだ、食べ物しか出てこない。
今年から大きく運営を転換します、是非お祈りください。また気軽にご連絡ください!
インスパの様子はこちら↓
名古屋の食べ物、おいしそう!!!!
イエスさまが名古屋に来たら、味噌煮込み一緒に食べたい。
続いてANRKです。
関西弁でインタビューに答えてくれたのは、大西邦嗣(おおにし くにつぐ)さん!
①All Nation Returnees in Kansai (aka ANRK)
だいたいMustard Seed Osakaという最近急成長中のイケてるチャーチであってます!かっこいい。
主に礼拝してます。賛美歌ったり、祈ったり、SGの時間を多くとってます。とにかく帰国者が繋がれるように頑張ってます。テーマは基本的にヤングアダルトのみんながクリスチャンとして日本でどう影響を与えて言ったらいいかなどを中心に扱ってます。
今は大阪で集まってますができたら他の関西の地域にも広がっていけたらええな~。あと一ヶ月に一回とかで会えるSGが増えて欲しい。実は、女子会がある(不定期)。
大阪は、笑いと食い倒れの町。留学時に思ったけど、アメリカには関西出身の人が多い。でも、帰って来たらみんなどこ行ってんっていうぐらいおらん。東京行ってるんとちゃうかと思ってます(笑)。
関西に帰国帰省の際は、ぜひおこしやす。めざせ、人に優しい関西!
神戸、京都、大阪でSGしたい人、連絡ください。
ANRKの様子はこちら↓
子どもたちもいて、にぎやかな雰囲気です。
お近くの方、またお近くに帰る方はぜひいろいろな地域集会の情報をゲットしてくださいね!
また、迎える側の皆さん!地域集会は、帰国者クリスチャンの希望!
皆さんから始まる地域集会があるかもしれません。
帰国者を迎える場を一緒に整えたい、共に成長する場をつくっていきたい、などなどお考えの方、どんなことでもお気軽にJCFNにご相談くださいね。
リーダーの皆さん、ご協力ありがとうございました!
それぞれの地域の祝福をお祈りしています。
Scroll to top