ゆるぎない神の愛に根ざす

中村佐知(キリスト教書翻訳者、JCFN理事、霊的同伴者)

 

 

何年か前に、カトリックのトラピスト会司祭、ジェームス・フィンリーという人の次のような言葉を読みました。

「(神は)無限大に予測不可能なお方です。そのおかげで私たちは、[予測不可能なものでも]信頼に値するとわかります。なぜなら、どんなことの中にもキリストを意識できるようにと、神は私たちを導いておられるからです。あらゆることの中にあって私たちを支えていながらも、私たちを何物からも守ることのない、神の揺るぎない愛に徹底的に根ざしているならば、そのときこそ、私たちはあらゆることに勇気と優しさをもって向き合い、他者や自分自身の中にある痛んでいる部分に、愛をもって触れることができるのです。」

私たちを何物からも守ることがないけれど、あらゆることの中にあって私たちを支えている、神の揺るぎない愛… 読み間違えたのかと思い、何度か読み返しました。しかし、確かにそう言っています。「私たちを何物からも守ることがないけれど、あらゆることの中にあって私たちを支えている、神の揺るぎない愛…」

神様は私たちを一切守ってくださらない、という意味ではないでしょう。しかし、災害でも、病でも、職を失うことでも、愛する人との死別でも、この世で起こりうることはすべて、神を信じる人にも起こりうることです。神の愛は、私たちが悲惨な状況に陥ったり、苦しみや痛みを体験したりすることが一切ないように守ってくださるわけではありません。私たちは皆、そのことを体験的に知っています。悲しいこと、辛いこと、こんなことがなぜ起こったのかと思うようなこと… そういったものを体験したことがないという人はいないでしょう。それでも神の愛は、どんな悲惨な状況でも、どんな苦しみや痛みを体験することになっても、その中にあって私たちを支えてくださいます。そのことも、私たちの多くは、体験的に知っているのではないでしょうか。

みなさんのこれまでの歩みを振り返り、なぜ神様はこのことから私を守ってくださらなかったのか?と思いたくなるような、辛く悲しく痛みに満ちた出来事を通ったことはありますか? そのときは、耐え難く感じられたかもしれません。主が共におられると感じられなかったかもしれません。けれども、その中においても、神様が支えてくださったという事実(今、ここでこうしてこの文章を読んでおられること自体が、主がそのときの苦しみの中にあってもあなたを支えてくださった証拠ではないでしょうか)に思いを巡らせてみてください。そのとき主は、どのようにして、どのような形で、その痛みの中であなたと共にいてくださったのでしょうか。そのときは気づかなかったとしても、いま振り返ってみるなら、あなたを支えておられた神の御手が見えるかもしれません。

現在はどうでしょうか。もしかしたら、今、このとき、大変な苦しみの中におられる方がいらっしゃるかもしれません。神様はなぜ守ってくださらないのか、と言いたくなるような痛みのただ中に、今、おられる方がいらっしゃるかもしれません。あるいは、特にこれという困難があるわけでなくても、日々の暮らしが慢性的に息苦しいものになっている方もおられるかもしれません。けれどもその中で、神様はどのようにあなたを支えてくださっているでしょうか。その状況のただ中で、あなたとともにいてくださるキリストの御臨在に、支えに、気がつくことができるよう、聖霊に求めてみてください。

これから先も、困難が私たちを襲わないという保証はまったくありません。むしろイエス様は、この世にあって私たちには患難があると言われました。困難は避けられないとしても、その中でも確かに支えてくださる、神の揺るぎない愛に徹底的に根ざすことができるよう、主に助けを求めましょう。

「そのときこそ、私たちはあらゆることに勇気と優しさをもって向き合い、他者や自分自身の中にある痛んでいる部分に、愛をもって触れることができるのです。」このフィンリーの言葉にも思いを巡らせてみてください。

イエスの御名で(ヘンリ・ナウエン)その3

 

中村佐知(キリスト教書翻訳者、JCFN理事、霊的同伴者)

続きです。今回がこのシリーズの最終回です。第三部より。

その1

その2

 

[III] 導くことから、導かれることへ 

 誘惑―権力を求めること

 チャレンジ―「ほかの人があなたを連れていく」

 訓練―神学的思索への希望

 

私にとって本書でいちばんインパクトが強かったのは、この第三部だったかもしれません。第三部では特に二点、強く心に響いたことがありました。一つは、クリスチャンリーダーとは、上へ上へ行こうとする人ではなく、キリストの模範に従って、下へ下へと向かう歩みをする人であること。もう一つは、そのようにキリストに導かれて歩んでいくための訓練は、 絶えず熱心に「神学的な」思い巡らしをすることである、ということ。

私たちは皆、影響力のある人になりたいと願うものでしょう。この世にあってもそうですし、教会にあってもそうだと思います。キリストのために、御国のために影響力のある人になることを求めます。それは何ら悪いことではないように思えますし、実際、良いことだと思います。(ヤベツが「私の地境を広げてください」と祈り、神様がそれを聞いてくださったのも、神様のために影響力のある人になるためだった、と「ヤベツの祈り」の著者も言っていたように。)しかし、いくら「キリストのために、御国のために」と言っても、本当に心からそのつもりであっても、力を持つことには、多くの危険も伴います。キリスト教の歴史を見ても、現代の教会を見ても、スキャンダルやその他さまざまな問題の背後には、恐らくいつも、何らかの力の乱用があるようです。力というのは本当に両刃の剣です。力を持つことは、私たちの最も純粋な動機や願いさえも、自己実現の道具に変えてしまいかねません。

ナウエンは、ヨハネ21:18から、とても興味深い指摘をしています。

「まことに、まことに、あなたに告げます。あなたは若かった時には、自分で帯を締めて、自分の歩きたい所を歩きました。しかし年をとると、あなたは自分の手を伸ばし、ほかの人があなたに帯をさせて、あなたの行きたくない所に連れて行きます。」これは、ペテロがどのような死に方をして、神の栄光を現わすかを示して、言われたことであった。こうお話しになってから、ペテロに言われた。「わたしに従いなさい。」(ヨハネ21:18、19)

この世は、若いころは他者に依存せざるを得ないが、大人になれば、自分のことは自分で決め、自分の好きなようにできるようになる、と考えます。しかし、ナウエンは、イエスの持つ成熟のビジョンはそれとは違うものだったと言うのです。成熟とは、自分の行きたくないところへ連れていかれることを良しとできるようになることである、と。イエスはペテロに「わたしの羊を飼う」というミニストリー(務め)をお与えになり、さらに、ペテロは自分の望まないところに連れて行かれるようになる、と言われました。このヨハネ21章の箇所は、読めば読むほど、ある種の衝撃を受けます。

 

クリスチャンリーダーの道は、この世がこぞって追いかけるような、上へ上へと行く道ではなく、下へ下へとくだり、最後には十字架に到達する道… それは恐ろしいことのように聞こえますが、イエスの愛を受け入れた人にとっては、この下へ下がっていく道こそ、喜びと神の平安につながる道であるとナウエンは言います。サーバントリーダーとは、知られざる、好ましくない、痛々しい場所に連れて行かれる人なのです。

 

クリスチャンリーダーにとって重要な資質とは、力と支配ではなく、力を放棄し、謙遜になること。それこそ、イエスが模範を示されたことでした。ただし、無力といっても、自分の考えを持たない、人のほしいままに操作される、弱気で受け身な人を指すのではありません。そうではなく、御父への愛と信頼ゆえに、絶えず自ら力を放棄するような人のことです。ものごとを自分の思うようにコントロールしたいという願いを、自分が良いと思う結果・成果(アウトカム)を得たいという願いを、放棄していく人のことです。深くイエスを愛しているがゆえに、イエスが導かれるところであればどこへでも従っていく人、イエスと共にいるならば、どこへ導かれようとも、そこには豊かないのちがあると信頼している人のことです。

 

では、そのように導かれていく歩みをするために必要な修練とは何でしょうか。ナウエンは、「絶えず熱心に神学的な思い巡らしをすること」を勧めます。観想的な祈りが私たちを神の最初の愛の中に留めるように、告白と赦しが私たちの働きを共同体に根ざした相互のものにするように、熱心な神学的思い巡らしは、自分が見ている状況のどこに神の御臨済と活動があり、自分がどこに導かれていくのかをしっかりと識別することを助けてくれるのです。(ちなみに、第一部でも説明されていたように、「神学(theology)」とは、本来「祈りにおける神との一体(’union with God in prayer’)」を意味します。したがって、ここでナウエンの言う「神学的な思い巡らし」とは、学問的な思い巡らしではありません。)

ナウエンは言います。物事を「神学的」に考える司祭や牧師はほとんどいない、と。多くのクリスチャンリーダーたちが掲げる問いは、聖書的に聞こえるような言い方をしているが、実はそのほとんどが社会学的あるいは心理学的な問いである。神学的思索、すなわちキリストの思い(mind)を持って行う思索が、ミニストリーの中で実践されているのを見ることは滅多にない。しっかりとした神学的思い巡らしがなければ、クリスチャンリーダーたちは心理学者もどき、社会学者もどき、ソーシャルワーカーもどきの域を出ることがない。(私が言っているのではなく、ナウエンが言っていることです。)そうやって、日々の生活の中で苦しんでいる人たち、ストレスのもとにある人たちを助けてあげる人にはなれたとしても、そこに神学的思い巡らしがなければ、それはクリスチャンリーダーシップと言えるものではありません。なぜなら、クリスチャンのリーダーとは、死の力から人類を解放し、永遠のいのちへの道を開かれた方である、イエスの御名によって考え、語り、行動する人であるからだ、とナウエンは言うのです。

「これからのクリスチャンリーダーの仕事は、この時代の痛みや苦難を解決するためにわずかばかりの貢献をすることではない。そうではなく、イエスが神の民を隷属から解放し、荒野から新しい自由の地へと導いておられるその道を見極め、それを告知することである。クリスチャンリーダーには、個人的な苦しみや、家族の葛藤や、国の惨事や、国家間の緊張状態に対し、神の真の御臨在への信仰をはっきりと言い表すことで応答するという、大変な仕事がある。… つまり、この世に向かって「ノー」と言い、受肉した神の言葉であるお方(すべてのものはその方によって存在している)が、人間の歴史における最も小さな出来事さえも、神の時(カイロス)、すなわち、キリストのお心の奥深くに入っていくための機会としてくださったことを、明確な言葉で宣言しなくてはならないのだ。これからのクリスチャンリーダーは、神学者とならねばならない。すなわち、神のお心を知り、祈りと学びと注意深い分析を通して、一見するとただの成り行きでしかないように見えるこの時代の多くの出来事の中で、神の救いの御業がなされているということを、はっきりと示すことができるように、訓練された人たちでなければならないのである。」

このあたりのナウエンの筆致は実にすばらしいです。聖霊が彼に臨んでこれを書かせているに違いないと思わされる勢いがあります。上記の次に続く段落もご紹介したいのですが、あまりやりすぎると出版社さんから苦情がでるかもしれないので、ここまでにします。本書を読んだことのない方は、ぜひ、お読みになってください。

ナウエンの言う神学的思い巡らしとは、学問的な思索ではなく、キリストの心をもって、苦しいことも喜ばしいことも含む日々の出来事を見て、その中のどこでどのように神が働いておられるのか、どのように私たちを導いておられるのかを意識することです。そしてクリスチャンリーダーは、人々がその神の御声を聞き分けるのを手伝うために召されています。そのためには、知的な訓練だけでなく、その人(リーダー自身)の身体、精神、心のすべてを含めた深い霊的形成が必要とされます。

ああ!「絶えず熱心に神学的な思い巡らしをすること」。単なる学問的な思索ではなく、神のみ思いを知り、それがこの世の中で、また私たちの日常生活の中で、どのように現され、私たちをどのように導いておられるのかを考えること…… それはもちろん、自分勝手な「私はこう思う」「私にとってはこういう意味だ」という思索ではなく、みことばに根ざし、聖霊に導かれるものです。聖霊様、教えてください。導いてください。そして、キリストに倣って下へ下へと導かれるとき、私たちが怯えることなく、むしろイエスと共にその道に歩めることを、平安のうちに喜べる者でありますように。

イエスの御名で(ヘンリ・ナウエン)その1

中村佐知(キリスト教書翻訳者、JCFN理事、スピリチュアル・ディレクター)

 

今月から3回にわたり、ヘンリ・ナウエンの『イエスの御名でーー聖書的リーダーシップを求めて』からお分かちしていきたいと思います。

ヘンリ・ナウエンは数多くの著作のあるオランダ出身のカトリック司祭です。イェール大学やハーバード大学で実践神学の教授も務めていました。しかしハーバードに就任してから2年後、大学の競争的で野心的な空気に馴染めなかったナウエンは教授職を退きました。そしてカナダに渡り、トロントにあるラルシュ共同体という知的ハンディをもつ人々のためのグループ・ホームの司祭となり、そこの人々と共に生きる道を選びました。

ナウエンはイェール、ハーバード時代、非常に名の知られた人気のある教授でした。しかしラルシュ共同体の人々にとって、ナウエンは有名人でもなんでもありません。ナウエンはそこで、彼がどういう肩書きや業績を持った人なのかをまったく知らず、気にもとめない人たちの中で暮らし始めたのです。その中で彼が示されたことを元に、これからのクリスチャンのリーダーシップについて思索した本が『イエスの御名で–−聖書的リーダーシップを求めて』です。

この本は、次のような三部構成になっています。

[I]能力を示すことから、祈りへ
  誘惑―自分の能力を示すこと
  問い―「あなたはわたしを愛するか」
  訓練―観想的な祈りの恵み

[II]人気を求めることから、仕えることへ
  誘惑―人の歓心を買うこと
  務め―「わたしの羊を飼いなさい」
  訓練―告白と赦しの回復

[III]導くことから、導かれることへ 
  誘惑―権力を求めること
  チャレンジ―「ほかの人があなたを連れていく」
  訓練―神学的思索への希望

第一部「能力を示すことから、祈りへ 」では、聖書的リーダーシップとは、自分の業績や能力を示し、それを提供することによるリーダーシップではなく、ただ神に愛され、選ばれ、贖われた者として、神の愛のもとに、自分の強さではなく弱さを差し出していくことだとナウエンは言います。

そして、そのようなリーダーシップのための訓練は、「観想的な祈り」だと言います。ナウエンは、mystic(神秘主義者)にならねばならない、という表現を使っています。観想的な祈りとは、私たちの願いごとを主の前に持っていくような祈りではなく、主のご臨在の中で安らぐような祈りです。多くのことばを必要とせず、ただ主の愛を味わうような祈りです。観想的な祈りは、「あなたはわたしを愛するか?」と問われる神の愛の中に、私たちを絶えず留め、そこに根付かせます。私たちが神の御臨在の中に留まることを可能にします。

 

『クリスチャンのリーダーは、ただ道徳的で、よく訓練され、人々を助け、この時代の逼迫した問題に創造的に応答できる、というだけでは十分ではありません。それらのことも非常に価値があり大切ですが、それがクリスチャンのリーダーシップの中核ではありません。ここで要となる問いは、「将来のリーダーたちは、真に神の人であり、神の御声を聞き、神の麗しさを仰ぎ見、人となられた神のことばに触れ、神の尽きることない善を味わうために、神の御臨在の中に留まることを熱烈に求める人であるか」ということです。』

 

ナウエンは、そのためには観想的な祈りが不可欠であると言うのです。「神学(’theology’)」という言葉は、もともと、「祈りにおける神との一体(’union with God in prayer’)」を意味していたそうです。

ナウエンはさらに言います。私たちは神学の神秘的な側面を取り戻し、クリスチャンのリーダーが語る言葉、与えるアドバイス、開発する戦略が、神を、受肉した「ことば」であるイエスを、親密に知っている心から出てくるものであるようにしなければならない、と。

みなさんにも覚えがないでしょうか。何か相談を受けたとき、つい、自分の知識や経験から何かを言おうとしてしまうことが。それは、自分の知識や経験は、この状況に関係があると誇示したくなる誘惑です。しかし、本当に祈りをもって神様に聴くならば、神様の御霊は柔軟に、深遠に、そのときそのときの状況に即した知恵と言葉を与えてくださるのでしょう。主が与えてくださるものは、単なるノウハウではありません。リーダーとしての経験が長くなると、つい自分がすでに持っているものから答えを引き出そうとしてしまうかもしれませんが、その都度、いのちの源であるお方に聴くこと… そのとき、自分でも予想もしていなかったことが示され、自分が助けようとしている人の心や状況にも、思いがけない形で触れることができるのかもしれません。それは、公式ではないのです。ただ、主のなさること。主の御霊が導いてくださることです。

Scroll to top