コロナウィルスの脅威の中で、キリストの弟子であるということ

中村佐知(JCFN理事、霊的同伴者、キリスト教書翻訳者)

皆様、いかがお過ごしですか? 日本より一足遅く新型コロナウィルスへの対策が始まった米国では、現在いくつかの州で「外出禁止令」が出ており、学校や教会、レストランやイベント会場をはじめ、人が大勢集まるところはほとんど閉鎖されています。スーパーや散歩などで外出するときも、他の人との間に2メートルの距離を開けることを徹底するよう言われています。この十日ほどで急に状況が進み、皆とまどっています。日本ではこれから新年度に入り、休校だった学校も始まり、出勤も再開するところでしょうか。

突然訪れたこの状況の中で、多くの人が不安を抱えていることと思いますが、今朝、「コロナウィルスの脅威の中で、キリストの弟子であるということ」という記事を読んでいましたら、こんなくだりを見つけました。

このような状況でイエスに倣うとはどういうことだろうか。第一に私たちは、生きておられ、天で御座についておられるイエスの弟子であることを忘れてはなりません。…(中略)…「見よ、わたしは、世の終わりまで、いつもあなたがたとともにいます」と言われるイエスが、御霊とともに私たちのうちにとどまっておられます。一人きりになり、思いが内向きになる誘惑に駆られるとき、ともにおられるイエスに何度でも目を向けなおす必要があります。こういうときこそ、普段以上に、一日を通して、確かなキリストの御臨在のうちに励ましと愛の慰めと御霊の交わり(ピリピ2・1)を見つける習慣をつけなければなりません。…(中略)…私たちの主であり、救い主であり、友であり、恋人であるお方は、私たちに注意を払っておられます。人間の状況に、必要に、そして世界中の人々の必要に、注意を払っておられます。私たちもまた、イエスに注意を払おうではありませんか。もちろんニュースも見て情報を得て、自分や自分の周囲の人たちの必要にも注意を払います。しかしそれと同時に、イエスから目を離さず(ヘブル12・2)、上にあるものを思い(コロサイ3・2)、イエスにとどまる(ヨハネ15・4)ことを忘れないようにしましょう。 (中村私訳)

私たちが何に注意を払うのか、何に目を留めるのかは、私たちの感情、思考、行動、態度を左右します。(ピリピ4・8参照)上記のエッセイの著者は、コロナパンデミックのような状況の中にあっても、私たちがイエスに目を留め続けることを助ける修練として、呼吸の祈りや、一日を通して折にふれて立ち止まって主に心を向けること、主の祈りを朝、昼、晩と、黙想しながら祈ることなどを勧めていました。この講座を受講しておられる皆様にとって、このような修練は、すでに馴染みのあるものとなっていることと思います。このコロナパンデミックに関しても、何が私たちの境界線内にある私たちにできること、すべきことで、何が境界線の外にあり、私たちが思い悩んでも仕方のないこと、ただ良い主の御手に信頼すべきことなのか、それらを見分ける知恵を主に求めましょう。

前述のエッセイの著者は言います。

一日を通してキリストに目を向け、キリストの力強いまなざしを見つめるとは、単なる「良い考え」ではありません。イエスの弟子となるとは、イエスのやり方を学ぶことです。(マタイ11・28-30)私たちは、イエスの導きと信仰の先達たちの助けを借りて、日々の生活の只中においてもキリストと神の御国へと私たちの思いを向けなおすための、具体的な方法を持つことができるのです。

先行きが不透明で不安や恐れがあるとき、対応しなければならない数々の事案に追われて疲弊しているとき、それでもその只中におられて、私たちを励まし、助け、守ってくださるお方の御臨在に目を向けることができますように。それによって私たちのうちにある主のシャロームが、私たちを通して周囲の人たちの心を慰めることができますように。この講座で学んできた霊的修練(注)が、そのための助けとなればと思います。

 

(eLearning講座『霊的形成の観点から見る境界線』に投稿した記事の転載)

注:JCFNブログでもこれまでご紹介してきた様々な霊的修練を参照ください。

レント

中村佐知(JCFN理事、キリスト教書翻訳者、霊的同伴者)

今年は2月26日の灰の水曜日からレント(四旬節)が始まります。

レントとは「灰の水曜日」に始まり、復活祭に先立つ40日間の期間を指します。イエスが荒野で過ごされた40日間に倣うものであり、キリストの受難と死を黙想し、祈りと悔い改め、償いのための慈善のわざをもって主の復活に備える時です。

 

教会の伝統では、レントの期間中は肉類を断つなどの食事制限や、なんらかの愛徳のわざや節制を実践してきました。レントが近づくと、「今年は何を手放そうか。甘いものを断とうか、それともSNSを断とうか」といった具合に考えるかもしれません。なんらかの制限や節制を実践するかどうかは、各人が神様との間で決めることだと思いますが、シカゴにあるTransforming Centerのルース・ヘイリー・バートンは、レントに問うべきは、「今年はなにを手放そうか」にとどまるものではなく、「どのように悔い改め、どのようにして心を尽くして神のもとに立ち返るのか?」 であり、「私の生活のどの部分で、私は神から離れてしまっただろうか、どのような修練が、神のもとに立ち返るのを助けてくれるだろうか?」であると言います。

 

また、聖書学者の山﨑ランサム和彦先生は、このようにおっしゃっています。(https://1co1312.wordpress.com/2015/02/18/荒野の40日/

レントはイエス・キリストの荒野での40日間を覚え、追体験する期間といえます。私たちがこの期間をどのように過ごすにしても、大切なことはそれを通して神の民・神の子としての自覚を深め、より深くキリストに根ざして生きていくことだと思います。

これまでにレントに特別なことをしたことのない方も、今年は、主の復活に備えるために、自分の生活の中で神や隣人をより愛することの妨げになっているものはなにかを吟味し、それについて神様の導きを求めるときとしてはいかがでしょうか。

「日常生活」という修練

中村佐知(キリスト教書籍翻訳者、霊的同伴者、JCFN理事)

半年以上前、クリスティアニティー・トゥデイ誌で、ある記事を読みました。その中に、カナダのリージェントカレッジで学ぶ博士課程の大学院生の女性とユージーン・ピーターソンとの会話がありました。その学生には生まれたばかりの赤ん坊がいて、いくら聖書を読もうとしても赤ん坊の世話で何十回となく邪魔をされ、どうにもならず切羽詰まっていたそうです。そこでその状況から抜け出すための良い霊的修練はないかと、ピーターソンに助言を求めました。すると彼はこう言いました。

「あなたがすでに、日々確実に、定期的に行っている活動はありますか?」

彼女は考えました。生まれたばかりの娘に授乳することは、確実に毎日何度もしていることだと思い当たりました。そこでピーターソンにそのように言うと、彼はこう答えました。

それがあなたの霊的修練ですよ。あなたが今すでに行っていることを、これからは注意を払いながら行ってください。Be present.」

 

その学生(現在では牧師夫人)はそのときのことを回想して、こう言っていました。

「キリストにある(in Christ)よりも、キリストのため(for Christ)でありたいという強い誘惑が、私にはあったのです。私は、家庭生活における様々な自分の責任を、敬虔な生活を送る上での障害物だとみなしていました。しかし現実には、それこそがまさに、神が私に出会おうとしてくださっている場所だったのです。それに気づいたとき、私の中で『神への従順』という概念は、よりシンプルな『キリストにとどまる(cf. ヨハネ15章)』という行為を含むものとなりました。」

この部分を読んだとき、次女の闘病中、せっかく始めたばかりだった私の霊的同伴の学びの講座を、何度も欠席せざるを得なくなってしまった私に、先生がこう言ってくださったのを思いだしました。

今起こっていることを、自分の計画を邪魔するものとしてではなく、あるがままに受け止めてください。これまでこの講座で学んできたこと、つまり、あなたやミホの生活は一瞬一瞬が聖なるものであり、神はいつもそのただ中におられるということを、あなたは今まさに実際に生きているのです。そのことを覚え、ミホやあなたの毎日の中で起こっていることに注意を向けてください。

…… 締め切りやレポートなどのことは心配しないでください。時間通りに終わらせなくてはというプレッシャーを手放してください。あなたの現実の生活の中で、「いま」このとき、神がどのように働いておられるかに思いを巡らせてください。……

娘の闘病は、ある意味「日常生活」からはかけ離れていましたが、ポイントは、神様は今私たちが生きている生活の、その只中で働いてくださること、まずはそれに気づいて、そこにおられる神に応答していくということでしょうか。単調と思える日々の繰り返しの中で。あるいは突然降りかかってきた、自分の計画をひっくり返すような思いがけない試練の中で。それがなんであれ、今の自分の「日常生活」を、キリストにとどまりつつ丁寧に生きること。あるべき理想の生活を生きようともがくのでなく、「今ここで」の中にある主からの招きに気づくこと…

その招きに応答する結果として、生活の中のいろいろな側面が変えられていくように導かれるかもしれません。自分を神様から遠ざけ、また他者との関係から親密さを奪うような自分の習慣や思考や反応のパターンに気付かされたり、より神様に近づくことを助けるような活動(修練)を新たに導入したりするよう導かれるかもしれません。このころの私は、娘のために朝からスープを作ることが日課になっていましたが、それが祈りの時間になりました。野菜を刻むこと、煮ることを、祈りをこめて、神様への捧げもののつもりで行うようになりました。その場に共におられる神様のご臨在を意識しつつ、一つひとつの作業を、神殿での奉仕のように行いました。

皆さんの現在の「日常生活」では何が起こっているでしょうか。どんなリズムがあるでしょうか。忙しくて神様の前に静まる時間が持てないと感じておられる方もいるかもしれません。しかし霊的修練とは、いかにも「霊的」なものである必要はないのです。満員電車やひどい渋滞の中の高速道路での通勤も、あなただけの祈りの場、修道院(monastery)になり得ます。赤ん坊の世話をすることも、子供の学校の送り迎えの時間も、お皿洗いや洗濯物をたたむ時間も、職場や学校にいるちょっと苦手な人との関わりも、キリストにとどまっているなら、あなたと神様の出会いの場になり得ます。

今ある「日常生活」から始めなさいという神様の招き。その招きに応答できますように。主よ、助けてください。

 

Scroll to top