🌿心をRestoreする🌿

アメリカでは、ヴァレンタインズデーが終わると、プレジデンツデー(2月第3月曜日)の祝日で、学校は1週間のお休みとなる。今年は、いつもより早めで、ヴァレンタインズデーと重なるため、本来ならスペシャルな連休です。

しかし、外出自粛令の為に、昨年3月から学校や教会に集まることが許されず、今は外出できる距離も150マイルと制限され、遠出をした場合は10日間の自己検疫をしなければいけません。冬休みも祝日も、出かけることや特別感もなく家で過ごし、どこか心が落ち着かないまま、店頭の商品だけが季節ごとに変わり、気がつけば四季が一回りするほど時が経っていることに驚きます。

それでもこのリモート生活は、zoomでの日本のセミナーに参加することが可能になり、行ったことのない街にも、ヴァーチャルで自転車を走らせ、Clubhouseで世界中の方とお話しできる。そして、必要な時はAmazonやDoor Dashで、不自由なく生活できるようになった為、世の中と私の体重は、一気に変貌しました。

そのような毎日にも慣れ、むしろ自由な時間は増え、最初は戸惑った生活のルーティンは守られているのに、なかなか回復しない心とストレス。神さまとの関係、また家族や、会えなくなっていた人達との関係をRestoreするには、どうしたらいいのか?

今は、このことが、世の中が再開する時への課題となってきました。

Restoreとは、修復する回復させるという意味ですが、ご存知のように、元の持ち主に返す元の場所に戻すという意味でもあります。

先日、ヴァレンタイン期間限定キャンペーンを見つけ、主人のお誕生日用に、マグカップの底にRestoreと文字を入れてプレゼントしました。

これは、主人が今年の標語に選んだ言葉だったのですが、ヴァレンタインキャンペーンなだけに、「夫婦関係の修復?懺悔のマグカップなのか?」と、オーダーを受けた人は思ったかもしれません。

あえてこの言葉をカップの底に記すことで、思い出して欲しかった願いとは

  • いつも神さまとの時間を大切に、神さまの懐へ戻れますように
  • この世界と心が回復されるように一緒に祈りましょう
  • 飲み終わったらカップをキッチンに戻してください  でしょうか。

このコロナ禍で、The Church、The World の価値観が急激に変化していく中、目に見えないものに振り回され、動揺してしまう私たちの心。その心が回復するためには、自分のアイデンティティを再確認することが大切だということを、私たちは容易に忘れてしまいます。

まるで、神さまが私を愛していることはもう分かっているから、今はもっと聖書や本の知識を得て、祈り、あちこちの集会に参加して恵まれ、周りから評価される働きをする。その方が、「自分は愛されている」ことを受け取るよりもずっと大切で意味があるかのように思ったり。

見えない不安や孤独を、どこに持って行けばよいのか分からず、自力で修復し、闇雲にストレスを回復させようと試みた事もありました。

私は以前、あることをきっかけに、人前で話すことや、一人で外出や飛行機に乗ることに、極度の緊張や不安を覚えることがありました。そのトリガーは「What if」でした。

まだ、起きてもいないことや、言われてもいない気持ちを仮定して、不安になりました。「自分は、こんなことではダメだ」と勝手に落ち込んだかと思うと、次の瞬間、「きっと、こうすれば大丈夫ではないだろうか」と考える。何をしたら自分の理想や、周りの期待に応えれるかを考えては、溢れてくる喜びや感謝とは別のものに掻き立てられて行動に移ろうとする。そして、周りの人の言葉や行動に敏感になり、心が大きく反応すると、それはたちまち体に現れました。

神さまは、そんな私のそばにいつも居て見守り、

「わたしと一緒に休まないか」

「あなたはわたしの愛する子。わたしはあなたを喜ぶ。」

「さぁ、わたしと一緒に行こうか」

「大丈夫。わたしはあなたと共にいる」

と静まりの中に、時にかなったみ声をかけてくださいました。

ただ日常から離れた場所に出かけて、思い煩いを忘れ、心を空っぽにするだけでは、疲れ傷んだ心を回復させるのは難しいかもしれません。けれども、私の心と身体を造られた神さまの元に戻り、御手の中で憩い、み声を聴き、私の心の軸となって頂くことが大切ではないでしょうか。

私たちは自分や周りの人が思うほど強くないので、これまで経験した失敗や心の傷は、どんなに昔のことでも、いつでもトリガーとなって、私たちのアイデンティティをすり替えようとします。しかし、その度にそばに居て下さるキリストに気づくことができるのは、救われた者の特権です。ですからそんな時は、忘れ物に気をつける子供のように、このリストに目を通すことにしています。

Who are we really のリスト

  1. I am a child of God. (John 1:12)
  2. I am a new creation. ( 2 Corinthians 5:17)
  3. I am a friend of Jesus. (John 15:15)
  4. I am created by God to do good. (Ephesians 2:10)
  5. I am free in Christ. ( Galatians 5: 1)
  6. I am chosen and loved. ( 1 Thessalonians 1:4)
  7. I am the light of the world. ( Matthew 5:14)
  8. I am not ruled by fear. (2 Timothy 1:7)
  9. I am forgiven. ( Colossians 2:13)
  10. I am God’s possession. (Titus 2:14)
  11. I am free from the desires of the flesh. (Galatians5:24)
  12. I am a light in the world. ( Matthew5:14-15)
  13. I am secure in him. (1 Peter 1:3-5)
  14. I am loved by God. (1 John 4: 10)

たとえWhat if、、、に心が動揺し、トラウマや先が見えない不安に支配されそうになっても、こんなにもハッキリと、聖書に書かれているのですから、もう一度自分のアイデンティティを思い返し、心をRestoreしていただきましょう。

🌿 本当の自分は、誰なのか

🌿 誰が今ここに、共にいてくださるのか

🌿 誰がこのことを、一緒にプロセスしてくださるのか

私はそれを知ることで、心に言葉に言い尽くせない平安を得ることができました。

ヴァレンタインズデーは、愛する人に思いを伝える日だけではありません。聖ヴァレンタインを記念したように、これまで自分に愛を注いでくれた大切な人、多くの人の愛を、思い返す日だとも思うのです。神さまから愛されている自分のアイデンティティを思い返す時、疲れ傷ついた心が回復され、愛に満たされ、今度は周りの人にその愛を、自然と分け合えるようにRestoreされていきたいですね。

新しく迎える月も、神さまが一緒に歩んでくださる旅を、心からエンジョイできますように。🌿

 

中尾真紀子
サンタクララバレー日系キリスト教会牧師の妻
🇯🇵🇨🇦🇺🇸生まれの三人娘の母
趣味: 夫の観察、無駄にインテリアの模様替え
主婦ブロガー https://violetteivory.wordpress.com/
妄想カフェをしながら、静まりの隠れ家カフェ準備中

心に神様の働くスペースを作る

こんにちは。

北カリフォルニアに住む、中尾真紀子と申します。

私の住むサンタクララカウンティ(人口190万人)では、これまで7万5,297人、毎日1,000人前後の感染者があり、会堂で礼拝ができなくなって10ヶ月が経ちました。

新しい年は明けたけれど、長期に渡るStay Home、食料品の買い出しに長蛇の列、アウトサイドのカフェやレストランでの飲食も出来ない状態です。

そんな中で迎えた2021年ではありますが、このStay Home中に与えられた恵み、毎日をどのように過ごし、葛藤しながらも、神さまと共に歩む旅路をエンジョイしているかを、少しお分ちしたいと思います。

 

パンデミックになる前に手に取ったある本に、ストレスや恐れに対処する4つのリズムの事が書かれていました。

  • 🌿REST 自分を取り巻く様々な事から退く
  • 🌿RESTORE 心と身体のエクササイズ
  • 🌿CONNECT 笑いを共有する
  • 🌿CREATE 昔の才能を復活させる

この4つのリズムを心がける中で、自分ではなく、神さまが働いて下さる「心のスペース」を作り、ネガティヴな思いや偽りの自己認識、他者との比較から自由になりたいと思いました。

 

REST RESTOREは、インプット リズムで、

イエスさまが満たして下さる平安を、私たちの内側に注ぎ込む。

CONNECTCREATEは、アウトプット リズムで、

自分の誤った価値観や思い込みを手放し、周りとの関わりの中に新しい喜びを見出す。

それによって、ストレスや不安を抱える「人生のシーズン」を、乗り越えるリズムを修練する。というような感じでしょうか。

 

7年半前、突然の転任に伴う引っ越しをしました。自分では、なんとか上手くやっていると思っていた一年後、突然バーンアウトしてしまいました。それからというもの、私の課題は、自分の身に起きたこれらのことを、どうやってプロセスしたらいいのか?でした。

そんな葛藤の中で、イエスさまが私と一緒に休み、私と一緒に歩んで下さる「恵みのリズム」を知りました。それだけでなく、私の為に特別に作られた「喜びのくびき」が与えられていることを知りました。それでも、Covid−19によって突然変わってしまった日常に翻弄される日々ですが、そんな「コロナ禍にある日常」を綴っていきたいと思います。

 

REST のリズムの中で、まず最初に大切だとされることは「心の棚卸」です。

棚卸しといっても、お掃除や整理整頓のことではなく、

これまでの自分の歩みを振り返り、注意深く向き合い、そこに神さまの眼差しを意識することです。

 

① 自分がどんな時に、生き生きしていると感じるか

② 自分がどんな時に、疲れていると感じるか

③ 神さまは、どんなギフトを与え、私の人生にどのように関わって下さっているか

 

心の中を棚卸していくうちに、義務や責任で「しなければいけない」と思うからではなく、もっとそのことに対する「神さまの想いを知りたい」と思うようになりました。

3月にパンデミックが始まってから、当たり前のことが当たり前でなくなり、家にいる時間、自由になる時間が増えました。でも実際は、その変化と不安に掻き立てられ、生活の中に、神さまの眼差しや御声を意識することができないほど、心も身体も忙しくしている自分に気づきました。

そんな時、こんな言葉を目にしました。

 

I’m tired of helping others enjoy God. I just want to enjoy God for myself.

それはまるで、私の内側にある言葉のように感じました。それぞれに与えられた、神さまのダイナミックなCallingに応えるためには、私自身の魂の小さな叫びに気づき、もっと大切にしてあげなければいけない。この魂が主の元に安らぎ、憩い、楽しめるように心を配ることは、与えられているどんな責任や奉仕よりも大切で、私にしかできないことだと思いました。

自分の心をダウンロードしたくても、「空き容量が足りません」と出てきて、そのままにしてしまう。そのうち何が大切だったのか、何を捨てたら良いのかわからず、容量はいっぱいになり、フリーズしてしまう。

そうなると、嫌だけど、怖いけど、強制終了ボタンを自らが押さなくてはいけなくなる。もしくは、これまで上手く進んでいた大切なものまで、一瞬のうちにブチッと消えてなくなってしまう。

それは、本当に神さまが私たちに願っておられることだろうか?

 

私たちの教会のミニストリーが、内と外にも順調で、次はこれ、その次にはこんなことも、、、と様々なニーズが求められた時、ある方が、ポツリとこんなことを言われました。

「新しいことを始めるなら、今まであったことを見直し、一つを辞める必要があるかもしれない」

今だからこそ出来ること。やっと出来るようになったことやアイデアを見つけた時でした。それからは、事あるごとにその言葉を思い出します。そして、どうしていいかわからない祈りの中に

「本当にそのことは、必要だろうか?」

「何かに掻き立てられてはいないだろうか?」と留まることがありました。時には、新しいチャレンジのために、ひとつを手放すこともありました。結果は、とても心が軽くなりました。この状態ならば、またいつかそれをすべき時がきたら、神さまが一緒に「喜びのくびき」でリードしてくれると思えるようになりました。

私たちは、強制終了が必要になる前に、心の棚卸し、空き容量を作り出す必要があるのかもしれません。

「自分のしたいこと」「人から期待されること」「神さまが求められていること」は混同しやすくて、忙しい日常の中、これがベストだと思う事を判断するのは難しいですよね。

奴隷は、奴隷として生まれ育つので、休むことを知らない。だから、神は「人」としての安息日を定め、「奴隷」であるものは、強制的に休むことを自ら努めて学ばなければならないと聞きます。

Productiveでありたいと思うあまり、いつの間にか「奴隷」になってしまいそうな自分から、神に愛された「娘、息子」にRestoreされ戻ることを、目下修練中です。

先日、このコロナ禍で、これまでの常識が変わってしまう中、「今は、祝福の休止符」だと、礼拝のメッセージで語られました。

すぐに、神さま以外のどこかに、自分の居場所や価値を探そうとしてしまう私たちの魂には、安心して休める場所や、心のスペース、そして慰めが必要です。

神さまのもとで、ゆっくり語りかけを聴き、次は、どんな素晴らしいプランを備えて下さるのだろうと、期待を持って神さまと過ごす時間。

そのために、少しの間、目の前にある責任から退き、ゆっくり休み、主を楽しむことは、新年に与えられた私の抱負です。

新年早々、ちょっと面倒くさいけれど、まずはTake Inventory(心の棚卸し)!心に聖霊が自由に働いて下さるスペースを作りたい。

新しい年、神さまに造られた「pricelessな自分」を、安息日ごとに見出し、神さまだけに想いを向ける。恵みのリズムに、2021年をエンジョイして歩んでいきたいですね。

呼吸の祈り

中村佐知(JCFN理事、キリスト教書翻訳者、霊的同伴者)

今月は、「呼吸の祈り」と呼ばれる霊的修練をご紹介したいと思います。

呼吸の祈りとは、吸って、吐いての自分の呼吸に合わせて、心の中で短いフレーズを繰り返し祈るシンプルな祈りです。いつでもどこでも祈ることのできる、単純な、それでいて力強い祈りです。混乱しているとき、不安なとき、疲れているとき、私たちの思いのフォーカスを神様に向け直し、魂を生き返らせてくれます。また、通勤途中や家事をしながら、散歩しながらなど、いつでも祈れるので、自分は主とともに歩んでいるのだということを、1日を通して自分に思い出させることができます。パウロが「絶えず祈りなさい」と言ったとき、彼が想定していたのはこのような祈りだったのかもしれません。

 呼吸の祈りは、歴史的には、紀元5~6世紀ごろまでにさかのぼると言われます。当時、エジプトの砂漠に入って隠遁生活を送っていた「砂漠の師父・師母」と呼ばれる人たちがいました。その「砂漠の師父」たちが祈っていた祈りが、その後東方教会へ伝わり、Jesus Prayerと呼ばれるようになりました。Jesus Prayerとは、「主イエスキリスト、神の御子、罪人の私を憐れんでください。(Lord Jesus Christ, Son of God, have mercy on me, a sinner」という短い祈りです。彼らはこの祈りを呼吸に合わせて1日に何十回何百回と繰り返していたそうです。

 呼吸の祈りは、短い二つのフレーズの組み合わせからなります。息を吸い込みながら最初のフレーズを唱え、吐き出しながら二つめのフレーズを唱えます。実際に声に出しながらではうまくできないので、心の中で唱えます。たとえば、Jesus Prayerであれば次のようになります。

(息を吸い込みながら)主よ…
(吐き出しながら)あわれんでください

 実際に祈るときには、声には出しません。

ギリシャ語で「息」を表す言葉を「プネウマ」と言うそうですが、プネウマには「霊」という意味もありす。聖霊もプネウマです。ゆっくりと呼吸(pneuma)に合わせて祈ることで、自分の内に住まわれる聖霊(Pneuma)を意識することができます。私を慰め、励まし、力を与え、教えてくださる聖霊が、私と共にいてくださることを意識します。

 呼吸の祈りで実際に祈るフレーズに、決まりはありません。 

 エリコでの目の不自由なバルテマイとイエスとのやりとりを思い出してみましょう。バルテマイはイエスに向かって叫びました。「ダビデの子のイエスさま。私をあわれんでください」。するとイエスは彼に尋ねました。「わたしに何をしてほしいのか」。

 イエスがあなたに「わたしに何をしてほしいのか」と優しく問いかけている場面を想像してみてください。あなたはイエスに何を求めますか?

「主よ、あわれんでください。」

「主よ、助けてください。」

「主よ、ともにいてください。」

 

また、短い御言葉を選んで、それを黙想するときの祈りとしてもいいでしょう。

たとえば、「主は私の羊飼い。」という一節に思いを巡らせながら、呼吸に合わせて祈ります。
主は と心の中で言いながら大きく息を吸い込む。そして、
私の羊飼い と言いながら、ゆっくりと息を吐く。 

 

または、主の御名である「ヤーウェ」を呼吸に合わせて祈ってもいいでしょう。

「ヤー」「ウェ」「ヤー」「ウェ」

…

息を吐き出すときは、自分の中の不安や恐れや苛立ちなど、自分を神様から引き離すものを吐き出すつもりで、息を吸い込むときは、神様の愛、恵み、憐れみなど、あなたを生かしてくれる神様のいのちをたっぷり吸い込むつもりで。

ぜひ、やってみてください。

 

Scroll to top