主事のお仕事に密着!〜WEC編〜

こんにちは!
めぐみっくすです。
 
 
すっかり秋めいてきましたね。
私は金木犀の香りが大好きなのですが、先日教会で『私、金木犀の花粉症なんです~』と言っている方がいました。
 
あんなに良い香りなのに、花粉症の方にとってはあまり喜べないですね(T_T)
 
 
 
さて、御茶ノ水にあるJCFN日本のオフィスには、JCFN日本主事、岡田千尋さんと後藤満喜さん、週に1~2回、会計をしてくださっている事務員の高橋泉さんの3人が働いています。
 
 
いつオフィスに行っても優しく迎えてくれて、ECやGRCのような数百人規模のイベントから、スモールグループのようなこじんまりとした集まりまで、何やらいつも楽しそうなところで見かける主事たち。
 
 
JCFNの主事って楽しそう!という印象があるかもしれません。
または、JCFNの主事って一体全体どんなことしてるの?と思う方もいるかもしれません。
 
 
将来の夢はJCFNの主事!という皆さんのためにも、今回はJCFN主事の働きの一部を紹介したいと思います!
 
 
今回は代表主事の岡田さんにインタビューしました。
 
って、誰やねん!って方のために念のためお伝えしますが、ちぃちゃんのことです。
 
 
先日、世界福音伝道会(WEC)という、滋賀や京都を中心とした20弱の教会がある教団の世界宣教デーの講師として呼ばれたちぃちゃん。
 
「世界福音伝道会の世界宣教デー」と、世界が2つも入っているところに呼ばれるなんて、さすがJCFN主事です。
 
 
帰国者ってどんな人か、そして帰国者がどのような心の状態で帰国してくるのか、教会がどのように帰国者を受け入れることができるのかを、アクティビティを交えながらお分かち合しました。
 

 
 

 

 

 

 

 

アクティビティは、「異文化を体験する」というもの。
 
 
ネタバレになってしまうので、ここで詳しく書くことは差し控えますが、アクティビティをしたそうです。
めちゃめちゃおもしろそうな感じでした。
 
 
あぁーーちょっと言いたくなってきた!!!
 
 
そして言っちゃうのが人間。
 
まず、2人が外に出ます。
そして、中にいる人たちだで、ある共通した動きのルールを決めます。
 
 
その動きの最中に、2人が入ってみるとどうでしょう?
中の人はそのルールに従って動くことは当たり前。
でもこの2人は、目の前の人たちに何が起こっているのか、全くわからないであろうことが想像できます。
 
 
もうお分かりかと思いますが、外にいた2人は帰国者を表していて、中の人たちは教会を表しています。
 
外から来た2人は、中の人に何をやっているのか聞いてみたら良いかもしれません。
 
ですが、初めて行った教会で自分から誰かに声をかけるのは、教会に慣れている人が新来会者に声をかけるのと比べて何倍も勇気がいるのです。
 
 
では、もし中で何が起こっているのかを知っている人が説明をしてくれたり、必要な情報を教えてもらえたらどうでしょうか。
 
外から来た2人は、安心して輪に入れるかもしれません。
 
これは帰国者に限った話ではありませんが、転勤や進学等さまざまな理由で慣れた場所を離れ、初めて行く教会では、これまで経験してきた教会と違うことに戸惑いを覚えることがあるかもしれません。
 
そんなとき、声をかけてくれる人がいたらどれだけ安心するでしょうか。
 
帰国者は、イエスさまのことを、ジーザスって言うかもしれません。
(私もそうでした!!!ジーザスに「さま」って!?って思ってました)
 
帰国者も新しい教会という異文化を体験し、同時に教会も新しい人を受け入れるという異文化を体験します。
それをより身近に体験し、感じてもらえるようなセミナーになったようです。
また、教団全体で「変わっていきたい」「帰国者を受け入れていきたい」と思っている姿に、かえって励まされた世界宣教デーになりました。
 
日曜日、ちぃちゃんは長浜キリスト教会でJCFN紹介とメッセージのご奉仕をさせてもらいました。
迎えてくださって感謝です!
 
 
ちょっと話はそれますが…
新幹線で滋賀に向かった岡田一家を泊めてくれたのは、ある帰国者のご夫妻。
 
ご夫妻から、とっても丁寧なおもてなしを受けたと喜んでおりました。
何より、クリスチャン家族との交わりが与えられ、祝福だったそうです。
 
 
数年前に奥様が帰国したときに証をしてくださったようで、そのおかげで今回のセミナーを聞く土壌が耕されていたと、ちぃちゃんもセミナーの感触を話してくれました。
 
 
何か変わりたい!
どう変わって良いかわからない!
新しい視点がほしい!
視野を広げたい!
 
このような学びをしたいとお考えの教団・教会の皆さん、JCFNの主事がお手伝いいたします。
JCFNが主に携わっているのは帰国者なので、帰国者という切り口ではありますが、帰国者に限らず、いろいろな場面で応用できるものです。
 
ぜひ呼んでください!!!(宿もあると助かります)
 
連絡先はこちら
 
 
主事の働きはまだまだたくさん!
これからも主事のお仕事に密着して、皆さんにご紹介していきたいと思います。
 
WECの皆さん、お世話になりました!

スポーツミニストリーのこと

こんにちは、竹沢めぐみです!
 
じゃん!

 
 
いよいよ来年はラグビーW杯、そして2020年には東京オリンピック・パラリンピックが開催されますね!
 
今日はJCFNブログを通して、ec17のひとつのワークショップにもあった「スポーツミニストリー」についてお分かちしたいと思います!
 
私の父は高校の体育の教師で、サッカーが専門で、ずっとサッカー部の顧問をしていました。(定年を迎えた今は、高校ではなく、大学で女子サッカーチームを作っています)
私も幼少の頃から水泳やサッカー教室に行ったり、部活はいつも運動部で、私にとってスポーツはいつも身近なもので、大切なものとして育ちました。
 
*****
教会にスポーツがあるなんて思ってもいませんでしたが、私が通う国分寺バプテスト教会にはスポーツミニストリーがあり、私も教会のソフトボールチームに入れてもらい、スポーツをしていました。
 
教会のチーム対抗でソフトボールをしたときのこと。
ソフトボール経験の無い私は、内野を守っていても早いボールに対応できず、結局いつも外野手にボールを取ってもらう始末。
 
情けなくなり、私は「ごめん!」と言うと、その人は私を責めるでもなく「オッケー、気にするな!」と声をかけてくれたのです。
 
ミスそのものが、罪というわけではありませんが、そのときに感じた情けなさや恥ずかしさを、その人の言葉でカバーしてもらっていると感じた瞬間、「愛は多くの罪を覆う」という聖書の言葉が、フィールド上で実現されていると感じ、フィールドがふわっと輝いたことを今でも覚えています。
 
 
聖書の言葉をフィールド上で体験することは、神さまをほめたたえ、礼拝することだ!!
 
 
私はスポーツでミニストリーをすることに対して、そう考えるようになりました。
この経験は、今でも私のスポーツミニストリーのモチベーションになっています。
 
 
 *****
スポーツミニストリーはとっても幅広く、老若男女問わず、また自分がスポーツをする、しないに関わらず、どなたでも関わることができます。
 
ここで、今の日本でスポーツミニストリーがどんな取り組みをしているのかご紹介していきましょう。
 
・チャーチスポーツ
教会が主体となって、スポーツをする場を提供します。多摩地区では、3つの教会が協力して、礼拝後にスポーツをしています。また、年に数回、教会対抗のバスケットボールの試合が開催されたり、日韓の教会が交わる卓球大会も行われています。
 
 
・アスリート支援
アスリートは、トップを目指すほど大きなプレッシャーがかかり、過酷なトレーニングを積み重ねなければなりません。勝てばメディアが騒ぎ立て、負ければバッシングを受けることもあります。表面上では華やかに見える裏側で、ひとり孤独と戦っています。また、クリスチャンアスリートは、教会生活と競技者生活の両立に難しさを覚えています。そのため、心の拠り所・支え、祈り、みことばによる霊的な養いが必要です。勝っても負けても神さまの目には変わらない価値がある、その神さまのメッセージをもってアスリートたちを精神的・霊的にサポートするのも、アスリート支援のひとつです。
 
 
・クラブチーム
本郷台キリスト教会のように、クラブチームを持っている教会もあります。本格的にスポーツをやりたい子どもや青年の、スポーツ生活と教会生活の両立を実現しています。クラブチームで礼拝もし、共に祈り合うことでみことばに従い、仕える生き方をスポーツで実現しています。
 
 
・メガイベント
2019年に日本で行われるラグビーW杯、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに関わることには、多くの伝道の可能性があります。キリスト教関係のトラクトを配布したり、ホームステイ受け入れ、ボランティアをする中で、クリスチャンとしての姿勢を表現する機会もあるでしょう。
 
 
他にも、「フェスティバル」というスポーツの要素を取り入れたレクリエーションを通して、地域に開かれた場を提供することもあります。
 
 
このように、さまざまな形でスポーツミニストリーが行われています。
 
 
スポーツでミニストリーをすることは、「生きる」を分かち合うことです。
目指すところに向かって本気で練習して技術を磨く、できないことができるようになる、練習の成果を発揮し、精一杯試合に挑む…スポーツに嘘やごまかしは通用しません。
 
チーム競技であれば、自分勝手なやり方ではなく、どうしたらチームメイトを活かし、自分も活きるのかを考えなければなりません。そして仲間を信頼することを通して、隣人を愛し、共に生きることを問われます。
 
 
スポーツをしようとすればするほど、それぞれの生き方が問われ、イエスさまの十字架と復活の愛を深く知ることへと繋がるのです。
 
 
スポーツで人が成長する、スポーツには価値がある、神さまが与えてくださった心と身体を精一杯用いて、スポーツミニストリーをしていきたいと思います。
 
興味のある方は、ぜひ一緒にやりましょう!

今スモールグループが熱い!梯弘実さんにインタビュー!

こんにちは、めぐみっくすです!

 

まず 、関西地域の豪雨被害、北海道の地震に心痛めつつ、一日も早く日常生活へと戻れるよう、お祈りしています。

 

さて今日はJCFNの働きの一つ、スモールグループ(以下SG)について、JCFN協力主事で、東京バプテスト教会(以下TBC)でスモールグループコーディネーターとしても働かれる梯弘実さんにインタビューをしたことを記事にしました!

 

弘実ちゃんを知っている人は声が聞こえて来そうなインタビュー、レッツゴー!

 

 

めぐみっくす:

SGって、何をするところ?

 

弘実:

一週間の間、平日に集まって、聖書の学びを共にしながら、お互いのために祈るところだよ!

 

めぐみっくす:

なるほど。そのSGが、なぜ帰国者ミニストリーにおいて大切なの?

 

弘実:

SGは、帰国者が抱える特有の心の悩み、礼拝だけでは話しきれないことを分かち合い、じっくり相談できるところでもあるの。特に通っている教会に同世代や帰国者がいない場合、このような場はとっても貴重なんだよ。

そしてSGにはいろいろな教会から集まるので、教会の情報交換をしたり、その教会の雰囲気を直接聞けたりするので、まだ教会が見つかってない帰国者が教会につながるきっかけにもなるの。

あとね、帰国者の特徴のひとつに「交わりを通して教会につながる」というケースが多いのも事実。

例えば…

「お家に招かれて食事をしたことがきっかけで、教会に誘われて行くようになった」

「留学先の大学で、友人にバイブルスタディーグループに誘われ、教会にも行くようになった」

とか。

このようなことがきっかけで、海外で教会に行く経験をした帰国者にとって、交わりはとっても大切なところなの。

 

SGは、More than 学びだよ!!!

 

めぐみっくす:

そういえば私もそうだったかも!

おいしい食事と交わりからスタートして、クリスチャンと知り合いになって、教会に行ってみようって思ったなぁ。

ただ学びをするだけの場じゃなくて、人が出会って繋がる大切な場なんだね。

「SGは、More than 学び!!!」という名言が出たところで…

弘実ちゃんはなぜスモールグループコーディネーターをやっているのですか?

 

弘実:

一番は、人をケアすることにパッションがあるからかなぁ。

TBCのように大きい教会だと、全員をフォローアップするのが難しいの。でも、小さいグループにしたら一人一人をケアできるでしょ。どうやったら人をケアできるか、ということを考えたら、SGコーディネーターだったよ。

帰国者は日本全国にいるから、全ての人をJCFNがフォローアップするのは現実的に難しいの。なので、今あるJCFNのひとつひとつのSGは、いろいろな地域のプチJCFNオフィスのような役割をしてくれてるよ。

 

めぐみっくす:

人をケアする弘実ちゃんのパッションが、ひとつひとつのSGを生かし、励ましているんですね。

地域に信頼できるリーダーたちがいることは、JCFNのミニストリーが進む上で、とってとても大切なことなんだね。

では最後に聞きます。SGにこれから期待すること、ビジョンはどんなことですか?

 

弘実:
ひとつひとつのグループが成長して育って、株分けされ、新しいグループが始まることかなぁ。

日本全国、どこに帰ってもJCFNのSGがある!!!という状態で帰国者を迎えたいです。

 

めぐみっくす:

ありがとうございました!

帰国者が帰ってきて不安に思っていることを分かち合えたり、教会の情報、その教会に通う生の声が聞けるSGは貴重なところですね。

 

*****

以下、SGに関するお知らせです。

ぜひお近くのSGを知って加わったり、まだSGがない地域にお住いの方は、新しく始めたりしてくださいね!

 

【SG情報】

関東にどんなSGがあるのかは、こちらのリンクをご覧ください。

 

【ホスト会】

JCFN オフィスにて、関東のSGリーダーと3ヶ月に1回美味しいデザートを食べながら報告会を行ってます。

ぜひSGにリーダーとして関わりたい方は、こちらにご参加ください。

Scroll to top