イエスの御名で(ヘンリ・ナウエン)その1

中村佐知(キリスト教書翻訳者、JCFN理事、スピリチュアル・ディレクター)

 

今月から3回にわたり、ヘンリ・ナウエンの『イエスの御名でーー聖書的リーダーシップを求めて』からお分かちしていきたいと思います。

ヘンリ・ナウエンは数多くの著作のあるオランダ出身のカトリック司祭です。イェール大学やハーバード大学で実践神学の教授も務めていました。しかしハーバードに就任してから2年後、大学の競争的で野心的な空気に馴染めなかったナウエンは教授職を退きました。そしてカナダに渡り、トロントにあるラルシュ共同体という知的ハンディをもつ人々のためのグループ・ホームの司祭となり、そこの人々と共に生きる道を選びました。

ナウエンはイェール、ハーバード時代、非常に名の知られた人気のある教授でした。しかしラルシュ共同体の人々にとって、ナウエンは有名人でもなんでもありません。ナウエンはそこで、彼がどういう肩書きや業績を持った人なのかをまったく知らず、気にもとめない人たちの中で暮らし始めたのです。その中で彼が示されたことを元に、これからのクリスチャンのリーダーシップについて思索した本が『イエスの御名で–−聖書的リーダーシップを求めて』です。

この本は、次のような三部構成になっています。

[I]能力を示すことから、祈りへ
  誘惑―自分の能力を示すこと
  問い―「あなたはわたしを愛するか」
  訓練―観想的な祈りの恵み

[II]人気を求めることから、仕えることへ
  誘惑―人の歓心を買うこと
  務め―「わたしの羊を飼いなさい」
  訓練―告白と赦しの回復

[III]導くことから、導かれることへ 
  誘惑―権力を求めること
  チャレンジ―「ほかの人があなたを連れていく」
  訓練―神学的思索への希望

第一部「能力を示すことから、祈りへ 」では、聖書的リーダーシップとは、自分の業績や能力を示し、それを提供することによるリーダーシップではなく、ただ神に愛され、選ばれ、贖われた者として、神の愛のもとに、自分の強さではなく弱さを差し出していくことだとナウエンは言います。

そして、そのようなリーダーシップのための訓練は、「観想的な祈り」だと言います。ナウエンは、mystic(神秘主義者)にならねばならない、という表現を使っています。観想的な祈りとは、私たちの願いごとを主の前に持っていくような祈りではなく、主のご臨在の中で安らぐような祈りです。多くのことばを必要とせず、ただ主の愛を味わうような祈りです。観想的な祈りは、「あなたはわたしを愛するか?」と問われる神の愛の中に、私たちを絶えず留め、そこに根付かせます。私たちが神の御臨在の中に留まることを可能にします。

 

『クリスチャンのリーダーは、ただ道徳的で、よく訓練され、人々を助け、この時代の逼迫した問題に創造的に応答できる、というだけでは十分ではありません。それらのことも非常に価値があり大切ですが、それがクリスチャンのリーダーシップの中核ではありません。ここで要となる問いは、「将来のリーダーたちは、真に神の人であり、神の御声を聞き、神の麗しさを仰ぎ見、人となられた神のことばに触れ、神の尽きることない善を味わうために、神の御臨在の中に留まることを熱烈に求める人であるか」ということです。』

 

ナウエンは、そのためには観想的な祈りが不可欠であると言うのです。「神学(’theology’)」という言葉は、もともと、「祈りにおける神との一体(’union with God in prayer’)」を意味していたそうです。

ナウエンはさらに言います。私たちは神学の神秘的な側面を取り戻し、クリスチャンのリーダーが語る言葉、与えるアドバイス、開発する戦略が、神を、受肉した「ことば」であるイエスを、親密に知っている心から出てくるものであるようにしなければならない、と。

みなさんにも覚えがないでしょうか。何か相談を受けたとき、つい、自分の知識や経験から何かを言おうとしてしまうことが。それは、自分の知識や経験は、この状況に関係があると誇示したくなる誘惑です。しかし、本当に祈りをもって神様に聴くならば、神様の御霊は柔軟に、深遠に、そのときそのときの状況に即した知恵と言葉を与えてくださるのでしょう。主が与えてくださるものは、単なるノウハウではありません。リーダーとしての経験が長くなると、つい自分がすでに持っているものから答えを引き出そうとしてしまうかもしれませんが、その都度、いのちの源であるお方に聴くこと… そのとき、自分でも予想もしていなかったことが示され、自分が助けようとしている人の心や状況にも、思いがけない形で触れることができるのかもしれません。それは、公式ではないのです。ただ、主のなさること。主の御霊が導いてくださることです。

Examen(意識の究明)

中村佐知(JCFN理事、キリスト教書翻訳者、スピリチュアル・ディレクター)

 

イエズス会のイグナチオ・デ・ロヨラ(聖イグナチオ)が教え、実践していた祈りの方法で、「意識の究明(Daily Examen)」と呼ばれるものがあります。これは、過去24時間を振り返り、その中にあった神様の愛に満ちた御臨在(Presence)に注意を払い、御霊の動き・導きを識別できるようになるための霊的修練(エクササイズ)です。

パウロは、御霊によって歩みなさい、御霊によって導かれなさい、御霊によって生きなさい(ガラテヤ5章)と教えました。また、御霊を消してはなりません(1テサロニケ5・19)とも言っています。イエス様ご自身も、「わたしを信じる者は、聖書が言っているとおりに、その人の心の奥底から、生ける水の川が流れ出るようになる」(ヨハネ7・38)とおっしゃいました。

私たちはいつでも生ける水の川の流れの中にとどまり、御霊によって導かれつつ歩みたいと願うでしょう。しかし実際の日々の生活では、生ける水の川の流れから外れてしまい、肉の思いで生きてしまっているときもあると思います。その一方で、振り返ってみるならば、あれは御霊が助けてくださったのだ、導いてくださったのだと思えるときも多くあるでしょう。

「意識の究明」では、一日を振り返り、自分がいつ御霊によって導かれていたか、御霊とともに歩んでいたか、またいつ御霊を消して、肉の思いで歩んでいたのか、意識的に思いを巡らします。そのとき、一日の中で起こったことすべてを、緻密に思い返し、分析する必要はありません。また、いかにも重要と思われることだけに集中するのでなく、心の中に思い出されたものは、たとえ些細なことであっても流さずに心に留めます。大きなことでも小さいことでも、聖霊の導きのままに示していただくよう求めます。自分では特に重要だと思っていなかったことに、思いがけない神様の恵みが隠れていたことに気づかされるかもしれません。

 

++++++

基本的には次のステップをとります。

 

① 神の御臨在を意識し、感謝する

何度か深呼吸をし、主の前に静まり、心を整える。今、ここにおいて、神が共にいてくださること(神の御臨在 presence)、神が私たちのそばにいたいと願っておられることを意識する。この日が、いのちが、救いが、すべて神からの贈り物(gift)であることを覚え、感謝する。

 

② 聖霊がこのプロセスを導いてくださるよう求める

神がご覧になっているようにその日一日を振り返ることができるように、神が私に見せたいと望んでおられることを心に思い起こさせてくださるように、恵みを乞い願う。

 

③ 一日を振り返り、特に自分の感情の動きに注意を払う

聖霊の導きのもとで、感謝をもって一日の出来事を振り返る。私の言葉や行動はどのようなものだったか。その背後にあった私の意図や動機、感情は何だったか。今日体験した出来事に対する私の反応、心の動き(感情)はどうだっただろうか。喜び、不安、高揚感、退屈さ、自信、苛立ち、思いやり、怒り、安心感…… また、一日の出来事の中で、そのとき神はどのようにあなたと共におられたか。神は私をどのように導かれたか? 神は私に何を語ろうとしておられたか? それに対する私の反応、応答、態度はどうだったか? 神の御臨在(または不在)は私にどのように感じられたか。私は神に向かおうとしていたか、それとも神から離れようとしていたか?

 

④ 感謝、告白、赦しの求め

③ で気づいた、一日の中で自分の内に働いていた罪の力や恵みの力についての応答をする。 特に重要と思われる一つのことを示していただくよう聖霊に願い、その一つに集中するといい。神のみちびき、恵みに応えることができたならば、それを感謝する。罪や過ち、また神の愛や呼びかけに応えなかったことを示されたなら、それを主の前に告白して赦しを願う。

 

⑤ 明日に向けて祈る

 明日の自分に必要な恵みと助けを神に願い求める。

 

この祈り方にはいろいろなバリエーションがありますが、だいたいこんな感じです。

振り返りの期間も、一日ではなく一週間、一ヶ月間、一年間といった長い期間を概観するように振り返ることもできます。

 

また、一日(あるいはそれより長い期間でも)を振り返るとき、必ずしも時系列に沿って出来事を追うのでなく、今日一日の中で、最も感謝を感じたのはいつだったか、最も感謝を感じなかったのはいつだったか、最も愛に満たされていたのはいつだったか、最も愛を感じていなかったのはいつだったのか、自分が最も生き生きとしていたのはいつだったか、神のいのちから最も離れていたのはいつだったか、いつ神様や他者とつながっているように感じたか、いつ神様や他者から切り離されているように感じたか、といった問いをしてみるのもいいかと思います。

 

このような振り返りの祈りは、自分の生活の流れの中で働いておられる神様の動き、御声により敏感になっていくのを助けてくれます。定期的に立ち止まり、自分がどのように神とともに歩んでいたのかを振り返るのは、幸いなことではないでしょうか。この祈りは、自分を責め、打ちたたくためのものではありません。むしろ、自分の生活の中の神様の御臨在により注意を払うことで、より一層感謝できるように助けてくれるはずです。日々悔い改めの機会が与えられることも感謝です。この祈りのエクササイズが、皆さんの日々の歩みに神さまの恵みがより豊かに流れ込むための助けとなりますように!

 

参照:Ignatian Spirituality  https://www.ignatianspirituality.com/ignatian-prayer/the-examen

萎えそうなときの祈り

 

中村佐知(キリスト教書翻訳者、JCFN理事)

 

今から5年前の秋のことです。あの年も日本に台風が来て(毎年のことですが)、各地に大きな被害を与えました。しかし台風が通り過ぎた翌日は、見事な青空が広がりました。フェイスブックには美しい青空の写真がいくつも上げられていました。

抜けるような青空に息をのみつつも、私は重苦しさを覚えずにはおれませんでした。

「天のお父様、いくら台風一過の青空が美しいからといって、これだけ多くの被害を出し、人の命も失われたことを思うと、素直に感動することはできません。この世の中には、良いこと、美しいこともたくさんありますが、残酷で悲惨なこともたくさんあります。『すべての真実なこと、すべての誉れあること、すべての正しいこと、すべての清いこと、すべての愛すべきこと、すべての評判の良いこと、そのほか徳と言われること、称賛に値すること』に目を留めようとしても、それらのことが小さく見えてしまうくらい、世の中には悲惨なことがたくさん起こっているではないですか。いくら良いことを見つけてそのことについて感謝しても、悲惨なことのあまりの悲惨さに、私の心は萎えそうになるときがあるのです。」

すると、忍耐と憐れみに満ちた優しい御父は、このように私に語ってくださいました。

「……最終的には、わたしはすべてのことを回復させ、正すのです。今の世の中で、あなたがあちらこちらに見ることのできる良いことや美しいことは、断片的で、ささやかで、焼け石に水のように思えるかもしれませんが、それは、あなたがたが希望を失わないようにわたしが与えている、来るべき日の前味です。どうせ長続きはしない、どうせほんのわずかのことでしかないと疑心暗鬼にならず、わたしを信じなさい。あなたがたがイエスから学び、受け、聞き、また見たことを実行しなさい。そうすれば、わたしの平安があなたがたとともにあります。あなたがたは、世にあっては患難があります。しかし、勇敢でありなさい。イエスはすでに世に勝ったのです……」

Scroll to top