ミシガン州日本人ミニストリーレポート

倉田めぐみ(JCFN中西部協力主事)

 

 ハレルヤ!主の御名を賛美します♫。JCFNに中西部協力主事として関わる恵みに預かっております、倉田めぐみと申します。まだ寒い日もありますが、皆さまお元気でお過ごしでしょうか。今日はこの場をお借りして、ミシガンで神様が行ってくださっている働きについてシェアさせて頂ければ幸いです。

 「ミシガン」と聞くと他の地域にお住まいの方は何を思い浮かべられるでしょうか。雪・寒風・・・も、もちろん目一杯ありますが、ミシガンの代表的な産業と言えば自動車。近年自動車関係の仕事でこの地に移住する日本人が多くなり、アメリカ国内で日本人の人口増加率の1、2を争う地域です。

 そのような日本人を対象にした大小の働きがミシガン各地に点在しています。今回は日本人人口が特に集中しているデトロイト近郊、ミシガン南東部を中心にご紹介したいと思います。

 この地域の日本人ミニストリーを現地のアメリカ人兄弟姉妹の支え抜きにして語る事はできません。複数のローカル教会が提供するESLやバイブルスタディを始め、様々なプログラムを通して駐在員家族を中心に毎週数百人の日本人にリーチアウトが行われています。

 下は昨年10月20日(土)に行われたRJCマルチサイトカンファレンス・ミシガン会場の様子です。地域の様々なミニストリー団体や教会から日本人ミニストリーに重荷を持った人々が一同に会して、情報交換と励ましを受ける祝福された時となりました。多くのアメリカ人、また日本人以外の外国人の方々が、なんとかして一人でも多くの日本人の魂が救いへと導かれるようにと熱心に祈り求め、豊かに愛を注ぎ続ける姿を拝見するにつけ、主の日本への憐れみといつくしみを目の当たりにするようで胸が熱くなります。

 また今回は2015年秋に続き愛知県牧師会より井森隆司先生(日本バプテスト教会連合 豊田みのりキリスト教会)と入江告先生(日本同盟基督教団 豊田神池キリスト教会)が来訪してくださり、RJCカンファレンスにもご参加くださって共に交わり、豊田市の教会の事を伺う機会が与えられました。

自動車関連の仕事で駐在している家族の多くが愛知と近辺の地域からやって来て、またそこへ戻って行かれるので、ミシガンと豊田の間で協力関係が育まれているのはまさに主が与えてくださった橋渡しの備えだと思います。

 次の写真は日曜賛美喫茶とインドア・アウティング(お餅フェローシップ版)からのものです。これはどちらも教会の枠を超えた信徒主体の超教派イベントで、様々な家庭で持たれているバイブルスタディ等と並んでクリスチャン同士の励ましと成長の場であると同時に、教会にまだ行った事がないノンクリスチャンの方も気軽に参加できる雰囲気になっています。

こんな感じで、寒いミシガンですが主の業は熱いです!どうぞお祈りに覚えて頂ければ幸いです。

 

この地で多くの日本人がキリストに出会い、従う者と変えらるように。

豊かに用意されている収穫のために働き人が起こされるように。

すでに救われたクリスチャンに一致と成長が与えられ、主の働きの協力者として立っていく事ができるように。

 

それぞれ置かれた場所で、皆さんの上に愛の神様の祝福が豊かにありますように。

 

「よきおとずれを伝え、平和を告げ、よきおとずれを伝え、救いを告げ、シオンにむかって『あなたの神は王となられた』と言う者の足は山の上にあって、なんと麗しいことだろう。」イザヤ52:7

ソファーでRJC!(3)

その 1

その 2

ドン・ライト(RJC 創設者, オペレーションジャパン祈りのガイド編者、宣教師)

 

以下は私達の総主事、デニス・ピータースさんがRJCのEメールレポートに掲載したコメントです。

なんて素敵な10月だったことでしょう。

複数会場カンファレンスは、ちょっとしたハプニングなどはまああったものの、大きな祝福でした。 10/19(日本では10/20)、日本から駆けつけてくれたメインスピーカーの米内先生と、日本の大阪・東京を交えたシアトルで特別聖会を持ちました。

そしてむかえた10/20土曜日、全米・カナダから集まった方達とワシントンDC、アトランタ、デトロイト、シカゴ、ナシュビル、ダラス、サンアントニオ、ロスアンゼルス、ポートランド、シアトルで、カンファレンスが持たれたのです。米内先生のお話を一緒に聞くにとどまらず、分かち合い、学び合い、いっしょに主を礼拝する為に、です。

ネットワークの機会に関しては感激のコメントを各開催地からいただきました。その上「合同・証しの時」を持ちました。10開催地がそこでの近況を報告してくれました。なんというパワー! 全米・日本合わせて12か所に集まった600名もの人達がそれぞれの持つ日本人に証ししたい熱い思いを分かち合ったのです。WOW!  WOW! WOW!

 

以下、私個人の所感です。

  1. 日本人留学生や仕事で滞在中の日本人やその家族は全米・カナダにいます。大勢集中している場所はすぐ目につきます。しかし今回の様なマルチ・サイト、ミニ・カンファレンスはより広範囲でのミニストリーや人との結びつきを可能にしてくれました。しかもこのやり方は世界の他の国々でも使えるのです。
  2. RJCは日本でもお手伝いできるようになります。これまでRJCの活動はアメリカとカナダに集中していました。けれども帰国者へのミニストリーについてRJCカンファレンスはクリスチャンのリーダー達に手を携える手段を、主に英語で提供できるのです。
  3. インターネットの接続は必須事項です。金曜日夜シアトルからの日本への発信はwi-fiを通してでしたが、今後の課題のひとつです。(テクニック面でのネットワークの支障にも係わらずネットワーク作りは推進されたわけですが。)
  4. 日本各地の教会リーダーたちの協力を積極的に求めていく必要があります。RJCやJCFNの働きが豊かな実をむすぶ鍵だといえるでしょう。

 

全米・カナダの日本人に働きかけ、日本を変えていく、そこから世界を、という共通理念を頂く主の御国にはRJCやJCFNの働きを必要としているのです。今後今回のようなマルチ・サイトでのカンファレンス開催は重要な手立てとなるでしょう。やらなければいけない事はいくらでもあるのです。 ソファーに座り込んではいられないでしょう?私達だけで動かしていては大変なんです。 (よろしくね)

ドン・ライト(RJCファシリテイター)

 

END

ソファーでRJC!(2)

その 1

ドン・ライト(RJC 創設者, オペレーションジャパン祈りのガイド編者、宣教師)

国際カンファレンスや地域レベルの集まりなどRJCの働きの拡張にともない、色々と新しい分野に足を踏み入れました。複数の遠隔会場同時開催の一日ネットカンファレンスは多くのミニストリーの現場をつなげ、それぞれが自分の場所に居ながらにしてネットワークの輪を広げる事ができました。簡単な事に聞こえるかもしれませんが中々どうして複雑で、色々学ばされました。いつもより更に祈りました。大陸の端から端、日本にまでもかかるようなソファーを動かすのは、そりゃあ並大抵の事ではないですよね。

 

10月20日がその日でした。 テーマは「日本人への働きかけを共に働く」。メインスピーカーはJCFN理事長の米内宏明先生。カンファレンスの核会場はRJC発足の地、ワシントン州カークランドのノースショア・コミュニティー・チャーチでした。 是非こちらのリンクから録画などをご覧ください。

 

遠隔会場候補地については次のような要件を検討しました。

  • 興味をもって参加する人がいるか。
  • 実行委員会。
  • ネット集会の為の設備のある開催場所の確保。
  • カンファレンスに付随してお昼ご飯やセミナー、パネルディスカッションなどのプログラムの用意があるか。
  • カンファレンスの必要経費を共に担う意向があるか。

全米に10、日本にも2か所、開催地が与えられたことを感謝しています。今までは日本でのこうした集会企画は避けていました。けれども今回遠隔会場方式を採用する事で、大阪と東京での開催も可能になりました。

 

12の会場の他にも「ミニ・カンファレス」も奨めてみました。興味のある方はいても上の5つの要件は満たせないという候補地に次の要件を満たすかをお訊きしました。

  • 少なくても一人の人が開催を取り仕切られる。
  • その方の自宅でもいいので開催場所がある。
  • インターネット接続。大概のプログラムはメイン会場からの発信となるので、カンファレンスの録画を使って後日開催も可能。

 

分かっているだけで少なくとも3か所でこのようなミニ・カンファレンスがもたれました。中でもヒューストンは、ほぼ遠隔会場のような働きとなったようです。他にはペンシルベニア州のアレンタウンとインディアナ州でも持たれました。

 その3へ続く。

Scroll to top